お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

  • HOME
  • お店ノウハウ
  • ギャンブル経営をしないために…退店する時はまず○○に連絡でリスク回避

2016/12/01

ギャンブル経営をしないために…退店する時はまず○○に連絡でリスク回避

経営者ならお店を増やす(増店)、閉める(退店)、移店する、その決断をする時がいつかきます。その瞬間が来た時に困らないよう、ここでしっかりとポイントを押さえておきましょう。
お店だけでなく、増店、退店、移転には、働くスタッフのケアも大切になってきます。

増店時のポイント

増店時に気を付けるポイントは主に4つあります。

綿密な経営計画

リスクヘッジや、長期的な売上獲得の視点でも、複数の店舗を展開するということは検討すべき経営戦略のひとつです。増店する際には、既存店舗の成功要因を分析して、資金・立地・人材などの現在の経営資源をどのように拡大・変化させるのか、綿密な経営計画を立てる必要があります。

資金調達

新店舗を出店する際には、当然ながら新たな設備投資をする必要があるので資金調達が必要になります。新店舗の出店によって資金繰りが厳しくなっては元も子もありませんので、自己資金の確保と金融機関からの資金調達の準備は、これまで以上に計画的に行いましょう。

立地・物件調査

出店場所も1店舗目同様、慎重に行いましょう。主に見るべきポイントは「既存店舗との距離」です。近ければ経営者としては管理しやすいですが、複数店舗でのお客様の取り合いが起こってしまう場合があります。一方、遠い場合はお客様の取り合いは起こりませんが、スタッフ間のオペレーションや勤務のシフト組みが非効率になってしまうというデメリットが発生することもあります。
新店舗をどういう位置付けにして出店したいのか、ビジョンを明確にすること、1店舗目と新店舗の商圏分析をしっかり行うことが何よりも重要です。

採用と人材教育

新店舗のスタッフも既存店舗同様、店舗のイメージを崩さないようしっかりとした選考基準のもと採用を行いましょう。
また、研修については既存店舗でのマニュアルがあるので、そのマニュアルに則った研修を行えばよいでしょう。ただし、今までは、経営者自身がマネジメントできましたが、店舗が増えることによりマネジメントが手薄になってしまうことがあります。複数人の頼れるマネージャーを育てておくことも重要です。

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

会員登録していただくと、
その他のコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!約1000件の物件情報を掲載!
・【会員限定】お役立ちコンテンツがダウンロードし放題!

PAGETOPへ