投稿日:更新日:

実は狙い目! 穴場の沿線「池上線」が今熱い!

実は狙い目! 穴場の沿線「池上線」が今熱い!_記事画像

JR山手線や都営浅草線が乗り入れる五反田駅と、JR京浜東北線が乗り入れる蒲田駅の間を走る東急池上線は、都内にいながらのんびりとしたローカル気分が味わえると評判の路線。この東急池上線沿線が今、人気急上昇エリアとして注目を集めているのをご存知ですか?さっそく、池上線エリアで出店する際のメリットを探っていきましょう。

ところで池上線ってどんな路線?

蒲田~五反田間の15駅結ぶ東急池上線。その歴史は古く、1922年、池上本門寺への参拝客を乗せるという目的で蒲田~池上間のわずか1.8kmの距離をつなぐ路線(当時は池上電気鉄道)として始まりました。蒲田~五反田間(路線距離にして10.9km)が全面開通したのは1928年のこと。その4年後の1932年には、当時まだ珍しかった5階建てのターミナル駅を竣工。そして、2008年には、東急池上線、JR山手線直結の旧東急ストアが全館リニューアルし、ショッピングセンター・レミィ五反田としてより便利に生まれ変わりました。食品から生活用品までが揃う東急ストアは、9:00~25:00まで営業。沿線利用者の暮らしを支えています。

池上線沿線でのオススメ出店エリア3選

東急池上線沿線には、目黒川の桜並木や戸越銀座商店街、池上本門寺や洗足池などの有名スポットから、閑静な住宅地や町工場の多いエリアまで、町並みの雰囲気はさまざま。そんな池上線沿線で新規出店を考える場合、どのようなエリアが狙い目なのでしょうか?

五反田駅周辺

東急池上線のほか、JR山手線と都営浅草線が乗り入れる五反田駅は、都内でも有数のオフィス街。また、大人の街としてのイメージもある五反田ですが、実は、駅から徒歩10分圏内には大学も複数あり、学生が多い街でもあります。また、大きな病院や、地下3階、地上13階建の大型の複合施設TOC(東京卸売りセンター)もあり、さまざまな客層が見込まれます。そのため、駅周辺は、多くのラーメン店や喫茶店、ファストフードから、居酒屋、寿司屋、老舗レストランまで、いろんな業態の飲食店が並びます。また、昔から五反田には、おいしい肉料理を出す名店やステーキ店が多いため「肉の街」として再び注目されているそう。最近では、街をあげての“肉イベント”も開催されています。美容や健康、アンチエイジングにも良いという“肉”は、学生からシニア層まで、男女問わず愛される食材。“肉バル”など“肉”をメインとした飲食店をオープンさせるなら、さまざまな客層が得られる五反田エリアは出店候補のひとつとして、外せないエリアと言えそうです。

戸越銀座駅周辺

お散歩番組や雑誌のお散歩特集でも度々取り上げられる戸越銀座商店街。青果店や精肉店、鮮魚店や惣菜店などが軒を連ね、地元に住む人たちに愛されて続けている戸越銀座商店街は、人と人のつながりを大切にした、温かい雰囲気が特徴です。“帰りたくなる街”として、ファミリー層はもちろんのこと、ひとり暮らしの学生なども多く住む、人気のエリア。“住まい”や“食”など「生活」を大切にする人が多く暮らすエリアと言えます。コロッケやたい焼きをテイクアウトして、食べ歩く人の姿も戸越銀座駅周辺のエリアの名物となっています。このように、あちこちに美味しいお店が点在する戸越銀座駅周辺で出店を考えるのならば、“テイクアウト”に重点を置いた飲食店の出店も一案です。あるいは食べ歩きや買い物に疲れた客向けに、のんびりとくつろげるカフェなどもおすすめ。街が持つ温かい雰囲気に寄り添った店舗経営が成功のカギとなりそうです。

蒲田駅周辺

昭和のディープな雰囲気を残しながらも、大型商業施設も多く立ち並ぶ蒲田駅周辺エリア。古くは“町工場の街”として栄えた、活気のある街です。蒲田駅にはJR京浜東北線、東急池上線、東急多摩川線の3路線が乗り入れています。また、10分程歩いた先にある京急蒲田駅には、京急本線と京急空港線の2路線が乗り入れ、品川駅までは約10分、東京駅までは約20分で移動することができます。また、渋谷駅までも25分、新宿駅までは30分ほどで到着。京急蒲田駅からは、羽田空港まで乗り継ぎなしで8分と、空港へのアクセスも抜群。そんな蒲田駅周辺には、西口と東口にそれぞれ大きな商店街があり、安くて美味しい居酒屋やファストフード店、ドラッグストアから映画館やインターネットカフェまで幅広いジャンルの店舗が揃い、いつも多くの人でにぎわっています。
羽田や都心へのアクセスがいいため、出張中のビジネスマンや、海外からの観光客も多く、周辺エリアは、大手ビジネスホテルも続々とオープンしています。もし、このエリアで開業を考えるならば、ビジネスマンや観光客をターゲットとした飲食店がおすすめ。蒲田が持つディープなイメージ、庶民的なイメージからコンセプトを固め、出店を目指すのも一案です。また、男性の街というイメージが強いエリアではありますが、最近では、蒲田が持つ“昭和”の“ディープ”な雰囲気を求め、若い女性客も増えています。お手洗いの清掃を徹底するなど、女性客への配慮も怠らないようにしましょう。

池上線無料乗り放題!? 活性化が進む池上線

昨年末、開業以来約90年ぶりにリニューアルした戸越銀座駅。「木になるリニューアル」と銘打って、駅舎全てに“木”を使った仕様に生まれ変わりました。リニューアルされた木造駅舎は、昔ながらの風情が残る戸越銀座周辺の雰囲気にも溶け込み、住民にも、遠方から訪れる乗客にも好評のようです。また、今年6月には、池上駅の駅ビル化に向けた計画も本格的にスタートしました。このように着実に発展を遂げている東急池上線で、今年10月に話題となったのが池上線の利用が無料で乗り放題になるとイベント。開通90周年を記念したこのイベントの目的は、人情感や下町情緒たっぷりの“生活の名所”を住民気分で味わってもらおうというもの。東急池上線では、今後も、行政機関や地元の住民やと連携して、池上線沿線独自の魅力を生かしたさまざまなイベントを継続的に実施していくそうです。洗足池や池上本門寺をはじめとした豊かな自然や名所旧跡と、人情味溢れる商店街などが混在した池上線沿線エリアは、今後も目が離せません。

注目の集まる池上線 開業するなら今がおすすめ!

開通90周年を迎え、ますます発展していく池上線沿線エリアで、飲食店を開業するなら今がおすすめです。しかし、せっかくならば住民に、そして街に愛される店を開業したいもの。そこで参考にしたいのが、東急電鉄の取り組む「リノベーションまちづくり」というプロジェクト。この「リノベーションまちづくり」とは、空き家や空き店舗などのいわゆる“遊休不動産”を活用することでエリアの活性化を図るというもの。池上線沿線エリアは、古くから残る小さな工場や民家などが多く、空き家となっているケースが多いのが特徴です。この特徴を生かし、沿線エリアでは、古い民家を再生した“古民家カフェ”をオープンし成功している例もあります。このように、池上線沿線で開業を目指すならば、まずは、古民家などの“遊休不動産”に着目してみるのも一案。街の雰囲気に溶け込むような店となるよう、コンセプトを練り、住民に愛される“生活スポット”となる店の開業を目指しましょう。

この記事の監修
株式会社USEN/canaeru 開業コンサルタント

○会社事業内容
IoTプラットフォーム事業・音楽配信事業・エネルギー事業・保険事業・店舗開業支援事業・店舗運用支援事業・店舗通販事業。

○canaeru 開業コンサルタント
銀行出身者、日本政策金融公庫出身者、不動産業界出身者、元飲食店オーナーを中心に構成された店舗開業のプロフェッショナル集団。
開業資金に関する相談、物件探し、事業計画書の作成やその他の店舗開業における課題の解決に取り組む。

canaeruは年間300件以上の開業サポート実績!

SNSでログイン、またはメールアドレスの登録で
開業までのサポート完全無料で受けられます!

個人情報の取り扱いについて

メールアドレスを入力してください

無料会員登録でできること
① 「日本政策金融公庫」の創業融資をはじめとする資金調達の相談が出来る!
② 開業時に必要な事業計画書の作成サポートが受けられる!
③ 店舗開業や運営に関するさまざまな疑問点・お悩みを何度でも相談可能!
※ 金融機関出身者、元飲食店オーナーら店舗開業のプロが対応します

PAGETOPへ