お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2019/08/23

多様化する開業の種類と選択基準を紹介

一口に開業と言った場合でも、その手段は大きく分けて「個人事業主としての開業」と「法人設立」の2つに分けられます。さらに事業の内容によっては、店舗を構える必要があったり、自宅で開業が可能だったりする場合もあります。
また、本業を別に持っている場合の副業やパラレルキャリアといった働き方もあり、開業の道は無数に分岐していると言えます。開業の全体像を知ることで、自分に合った開業の方法について考えていきましょう。

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

会員登録すると、
開業に役立つコンテンツが
“ずっと無料”で利用可能です!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!1000件を超える物件情報を掲載!
・物件選定のコツをまとめた資料や創業計画書のフォーマットがダウンロード可能

PAGETOPへ