お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2016/12/06

お酒を売るための手続きとは何か?

巷に出回っていないワインや、こだわりの製造方法で作られたビールなど、海外にはまだまだ日本人が知らないおいしいお酒がたくさんあります。海外旅行先で見つけ気に入った、とっておきの逸品を紹介、販売したい――。そんなときは、どうしたらよいのでしょう。
お酒の輸入に必要な手続きと流れをご紹介します!

まずは販売免許を取得

お酒を輸入するには、初めにそれを国内で販売するための「酒類販売免許」が必要になります。

免許の種類

酒類販売免許には、いくつか種類があり、販売先によって異なります。事前にビジネスプランを立てて、それに合った免許を取得しましょう。

・一般酒類小売業免許
一般消費者や飲食店などに販売する場合

・通信販売酒類小売業免許
店舗を持たず、ネットショップなどの通信販売で販売する場合

・輸入酒類卸業免許
酒類業者に販売する場合

免許取得の注意点

例えば、店舗で一般消費者に対面販売しつつ、ネットやカタログも販路にしたいという場合は、一般酒…

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

会員登録していただくと、
その他のコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!約1000件の物件情報を掲載!
・【会員限定】お役立ちコンテンツがダウンロードし放題!

PAGETOPへ