お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

  • HOME
  • 開業ノウハウ
  • ビールの種類はなんと100以上!?料理に合わせたビールの提供で競合店との差別化を狙おう

2018/04/25

ビールの種類はなんと100以上!?料理に合わせたビールの提供で競合店との差別化を狙おう

お酒を提供する飲食店では、まず置いていないところがないと言われるビール。
でもその種類が100以上にものぼることはあまり知られていません。
使用する原料や醸造法によって味わいもまったく違うんです。
ワインのように季節や料理などに合わせてお客様が選ぶことができるよう、メニューを充実させてみませんか?

まずはビールを3つに分類

ビールには、熱処理の有無、原料、色などによる分類の仕方がありますが、一番の基本は「発酵の仕方」。
その違いによって大きく3つに分けられます。

上面発酵

発酵中に酵母が麦汁の表面に浮き上がっていく醸造方法で造られたビールは「エール」と呼ばれます。
20℃前後の高温で、3~4日ほどで一気に発酵させ、その後、約2週間の熟成期間を置きます。
醸造方法としての歴史は古く、イギリスやベルギーでは今でも主流です。
芳醇で濃厚な味わい、飲み応えがあるのが特徴です。

下面発酵

役目を終えた酵母が下に沈む製造方法で、19世紀になって世界的…

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

会員登録すると、
開業に役立つコンテンツが
“ずっと無料”で利用可能です!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!1000件を超える物件情報を掲載!
・物件選定のコツをまとめた資料や創業計画書のフォーマットがダウンロード可能

PAGETOPへ