お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

  • HOME
  • お店ノウハウ
  • 「女性の起業・独立・開業。経営とプライベート。どちらも充実させるには?」 OKAYAMA DINNING 銀座みやけ家 オーナー 大食いタレント三宅智子さん×WOMe編集長×canaeru編集リアル対談 【前編】

2017/11/01

「女性の起業・独立・開業。経営とプライベート。どちらも充実させるには?」 OKAYAMA DINNING 銀座みやけ家 オーナー 大食いタレント三宅智子さん×WOMe編集長×canaeru編集リアル対談 【前編】

独立・起業・開業したい女性に向けて「大切なこと」を今の生の声でお届けする対談企画!女性が起業を考えた時、何が必要でどうあるべきか。
大食いタレントとしても大活躍のなかご自身がオーナーを務める岡山郷土料理の“OKAYAMA DINNING 銀座みやけ家”をオープンした三宅智子さん、WOMe編集長・村上香、独立・起業・開業したビジネスパーソンを年間100人以上も取材してきたcanaeru編集部・浜野浩子がリアル対談。責任ある立場で活躍する3人が語る女性が起業し仕事をし続けるのに大切なこととは?


食べるより食べてもらうのが好き!

浜野
ご無沙汰してます!その間に、開業して4年目に突入しましたね。満3周年おめでとうございました。これお花です!
三宅
わあ!ありがとうございます。
村上
おめでとうございます!実は初めましてではないですね(笑)
三宅
はい、先日、浜野さんとお越しいただいてますよね。ありがとうございます!
(編集部注: 浜野のアテンドで、WOMe編集長・村上と個人的にみやけ家さんで女子会を開催した)
浜野
本当に美味しいから、大切な人を連れてきたくなるんですよ!
三宅
うれしいです。ありがとうございます。
村上
本当に美味しかったです。私は岡山出身なので、懐かしくて。岡山の郷土料理のお店って本当にないんですよね。
三宅
そうなんですよね。岡山出身の方たちがよくお友だちを連れて来てくださいます。岡山名物を食べてもらいたいからって。
村上
ここは胸を張って「これが岡山の味!」と自慢できるお店だと思います。
三宅
ありがとうございます! そう言ってもらえるのが、本当にうれしいです。

飲食店激戦区・銀座で3年以上もお店を続ける秘訣は?

浜野
飲食店の激戦区である銀座の、しかも超中心地のさらに激戦区ななかで3年以上もお店を続けるというのは本当に大変なことですよね。上手く経営されるために、どんなことに気を使ってます?
三宅
そうですね…やっぱり接客でしょうか。料理は、もうシェフの腕が素晴らしいので問題ない! だとしたらあとはもう接客。このお店はシェフと私のふたりで運営していて、タレント業でいないとき以外はすべて私が接客を行うので、ひとりひとりのお客様に心を込めて笑顔で丁寧に誠意を込めて接するようにしています。それに尽きますかね…。
村上
先ほど、男性2人がランチを食べていらっしゃいましたが、三宅さんの接客が本当に素晴らしいなって思いました。気配りと笑顔と片づけのスピードも。あんなに重そうなお盆をふたつも同時に運べちゃうなんて…小柄な三宅さんからは想像も尽きません。
三宅
体力はラーメン屋さんで働いていた時に鍛えられましたから自信があります(笑)
浜野
それに笑顔ですよね。こんな美人な三宅さんにあんな素敵な笑顔で接してもらえたら特別感あります!通いたくなっちゃいますよ!
村上
間違いないですね(笑)
三宅
そんな(笑)。ここ銀座や東銀座は、メーカーさんなどが結構あって、転勤される方も多いんです。先日も何人か転勤になったそうで「もう来られなくなる」って言われて。ちょっと寂しいですね。でも、また新しいお客様との出会いが待ってるっていうのは楽しみでもあります。転勤で移動されても東京に来た時にまた遊びに来てくださる方も多いんです。そういった意味では、よいご縁というのは切れることはありませんよね。
村上
それも三宅さんの人間力ですね。お人柄にみんな惹かれるんでしょうね。
三宅
そう言っていただけると嬉しいです。

フルタイムで働きながら子育てって、どうやりくりしてる?

浜野
三宅さんは約1年前にご出産されて可愛い男の子がいらっしゃいますよね。前回、取材にうかがったときにはまだ歩けなかったのに、今日はもう動き回ってて、ちょっとびっくり(笑)
三宅
そうなんです。出産後1か月半でここに連れてきて、以来、ずっと一緒にここにいて、ここで育ててます(笑)
村上
え!ずっとここで子育てされているんですか?
三宅
そうなんです。奥にベッドを置いて、合間を見て授乳したり。今もそこで遊ばせています。お客様が少ない時にはフロアの方にも来ますが、狭い店なので逆に安心です(笑)
浜野
すごいですよね…。そうやってフルタイムで仕事をしながら子育てもする、しかも保育園などに預けてではなく自分でずっと一緒に居て、というのはそうとうご苦労があると思うのですが、キツイときとかありません?
三宅
うーん…。それがそうでもなくって(笑)本当にすごくいい子で、1日のうち23時間くらい寝ててくれる赤ちゃんだったんです。なので、連れてきてもほとんど寝ていて(笑)定期的に授乳で起こすくらいで本当に手がかからなかったんです。今は歩き回るようになりましたが、変に愚図ることもなくて、大人しくアニメの動画を見ていたり、たまに運動で店内を駆けまわったりして満足してます。
村上
すごいなあ…三宅さんの姿は、本当に無理がなくて自然体で素晴らしいなあ、と思います。普通は「子育て、なんで私ばっかり!」ってなりますよね(笑)
三宅
うーん…。それはねえ…ならないですね…むしろ、私がやった方が早い! ってなっちゃう(笑)それにものすごく可愛いので一緒にいられるのが幸せなんです。もう少し大きくなると、さすがにお店にずっといるのは危なかったりするので、保育園に預けようと思っていますが、むしろ、ちょっと寂しいです(笑)
村上
すべての女性がそう考えられたら、夫婦間の摩擦は一気に減るでしょうね(笑)

三宅智子さんの「叶えた人インタビュー」

実は、食べるより食べてもらいたい。大食いタレント三宅智子のお店開業ストーリー

銀座で開業して3年目。三宅智子が考える「お店作り」は、永遠にひたむき

「WOMe」の対談記事をみる>>

WOMe×canaeru特別対談企画! フードファイター三宅智子さんと大人の女性のリアル本音トーク【前編】

WOMe×canaeru特別対談企画! フードファイター三宅智子さんと大人の女性のリアル本音トーク【後編】

メールアドレスだけでOK!
会員登録してみよう!

お店の開業や運営のノウハウ満載!
会員登録で『canaeru』の
全コンテンツ無料利用できます。

PAGETOPへ