お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/01/27

実は、食べるより食べてもらいたい。大食いタレント三宅智子のお店開業ストーリー

「おいしかった」「ごちそうさま」の言葉が嬉しくて…食べて喜んでくれるお客様の姿に、自分の人生を見出した

  • 三宅 智子/OKAYAMA DINNING 銀座みやけ家

おなじみの大食いタレント、三宅智子さん。大食いのお仕事とは違う、ご自身のお店を開業するエピソードをインタビュー。ずっと夢だった自分のお店を持つこと、飲食店を営む楽しさ、いつまでもお客様と接していたいという純粋な想いなど…を語ってくださいました。

※この記事は2017年1月に公開されたものです。
2018年4月末にご家庭の事情により、「銀座みやけ家」は閉店しました。

飲食店で働くのが好き。というシンプルな想いで開業を目指した

ーー2014年に岡山料理を提供する「みやけ家」を銀座にオープンされました。三宅智子さんはオーナー?プロデューザー?どういう役割になりますか?
私はこのお店のオーナーですが、”経営者”という仕事の仕方ではなく、毎日ホールに出て接客をしています。料理は、シェフひとりが担当していて、通常は2名で切り盛りしているんです。忙しいときはヘルプでバイトを頼むこともありますが、ほぼ2名でのオペレーション。経営だけや飲食店プロデュースをするつもりはなく、本当に自分のお店を持つことが夢だったんです。

三宅 智子

1983年生まれ。岡山県出身。2005年に「元祖!大食い王決定戦」(テレビ東京)に出場、翌年の春の大会で4位に入賞、その後、準優勝を2回飾るなど、大食い番組でその名を馳せる。大食いとは思えないほど小柄でキュートなルックスから人気を集め、グラビアアイドルとしても活躍。2014年に岡山料理を楽しめる「銀座 みやけ家」をオープン。2018年4月末、ご家庭の事情により、惜しまれつつも閉店した。

OKAYAMA DINNING 銀座みやけ家

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

会員登録していただくと、
その他のコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!約1000件の物件情報を掲載!
・【会員限定】お役立ちコンテンツがダウンロードし放題!

PAGETOPへ