お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/02/14

銀座で開業して3年目。三宅智子が考える「お店作り」は、永遠にひたむき

互いを信頼し、強固なタッグを組む「銀座 みやけ家」のスタッフ数は驚くべき人数

  • 三宅 智子/OKAYAMA DINNING 銀座みやけ家

大食いタレント・三宅智子さんの夢だった「自分の飲食店を持つこと」。
タレントのお仕事をしながら準備してきた資金や物件探し、今でも毎日お店に立って接客するというその想いなど、いつまでも純粋さを失わない三宅オーナーのお店の秘密に迫ります。

※この記事は2017年2月に公開されました。
2018年4月末にご家庭の事情により、「銀座みやけ家」は閉店しました。

いわゆる"芸能人"は、融資の審査が通らないんです(笑)

ーー三宅さんがオーナーを務める岡山料理店の「銀座 みやけ家」ですが、店名にもある通り、銀座に位置しています。最初からこの地での出店を決めていたのでしょうか?
銀座になったのは偶然で、家賃や広さなどの条件に合致する良物件がなかなか見つからなかったからなんです。「みやけ家」を開業する前には、恵比寿でランチタイムだけのお店をやっていたので、候補地に恵比寿周辺を考えていたのですが、家賃がかなり高くて。そんな時、たまたま知り合いに勧められたのが、今の物件で、銀座なのにかなり家賃がリーズナブルだったんです。銀座は、東京駅や羽田空港からアクセスがよいので、地方の方には来やすい立地で、出張ついで寄ってくださったり、遠方から来てくださるファンの方などには交通の便がよかったりと、結果としてですが、銀座に出店してよかったな、と思っています。

三宅 智子

1983年生まれ。岡山県出身。2005年に「元祖!大食い王決定戦」(テレビ東京)に出場、翌年の春の大会で4位に入賞、その後、準優勝を2回飾るなど、大食い番組でその名を馳せる。大食いとは思えないほど小柄でキュートなルックスから人気を集め、グラビアアイドルとしても活躍。2014年に岡山料理を楽しめる「銀座 みやけ家」をオープン。2018年4月末、ご家庭の事情により、惜しまれつつも閉店した。

OKAYAMA DINNING 銀座みやけ家

つづきをよむ→

会員登録をすると
続きをご覧いただけます。

会員登録していただくと、
その他のコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!約1000件の物件情報を掲載!
・【会員限定】お役立ちコンテンツがダウンロードし放題!

PAGETOPへ