お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

  • HOME
  • お店ノウハウ
  • 初めての面接に役立つ!オープニングスタッフ採用で気を付けること【特集:人材採用】

2016/12/01

初めての面接に役立つ!オープニングスタッフ採用で気を付けること【特集:人材採用】

お店の規模や業種によってはオープン時にアルバイトや社員として、スタッフを採用しなければいけません。
しかし、ひとりのスタッフの対応でお店の印象が変わってしまうこともあるので、採用活動は慎重に行いたいところ。そこで、初めてお店を開く際に困らぬよう、オープニングスタッフ選びのポイントについてまとめてみました。

【特集:人材採用】の記事

>>繁盛している店は知っている!"売れる"スタッフのトレーニング
>>年末年始商戦に向けたアルバイト募集はいつから始めればいい?
>>店が生き残るためのスタッフ採用と研修
>>飲食店経営の適切な従業員・スタッフ数
>>初めての面接に役立つ!オープニングスタッフ採用で気を付けること
>>経営者として「モテる」ことが売上に繋がるワケ
>>面接はココをみろ!ポイントは3つ
>>美容師は早めの人材育成がカギ!若いスタッフが利益をもたらす!
>>人材採用>記事を一気に読む<まとめ>

まずは人間性を見る

店舗をともに切り盛りすることを考えると、スキルより何より、人間性を大切にしたいです。とは言っても、単なる「いい人」が「いいスタッフ」になるとは限りません。
以下のポイントを参考にしましょう。

「順法意識」があるか?

レジを任せていたスタッフにお金を抜かれていたという話しもあり、お店への損害はもちろんですが、ひとりの人間として非常に嫌な思いをすることになります。そういった意味では、自発的に法やルールを守る意識のあるスタッフを採用できるのがベストです。
とはいえ、短い面接時間で人となりを見抜くのは至難の業。そこで、面接時はその人の「過去の出来事」に焦点を当てて質問をしてみましょう。会話を繰り返す中で、その人が「何を大切にしていて」、「何を感じたか」ということが、おぼろげながらでも見えてくるはずです。

経歴はほとんどあてにならない

世の中に転職回数が多い人を嫌う風潮がありますが、理由を尋ねてきちんと答えられる人なら問題ありません。むしろ、さまざまな経験を積んできた分、頼れるスタッフとして活躍してくれるかもしれません。大切なのは直近まで何をしてきたのかということ。ブランクがあってもそれを埋めるだけの気力があるのかどうかが重要です。

専門的な技術者が欲しい場合

スタッフを雇うと一概に言っても、何を任せるかによって雇う人材は当然変わってきます。
飲食店なら厨房、雑貨店なら仕入れ、美容室なら腕のいいスタイリストなど、専門的な技術や知識が必要で、なおかつ、お客様に直接接する機会が少ない人材が必要な場合があります。その場合は、何よりも知識や技術を優先しましょう。面接時はそれまでの仕事や技術について質問していき、どんなスキルを持っているのかを聞き出しましょう。

つづきをよむ→

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ