お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/07/31

今流行りのスペシャルティコーヒーって何?

最近、耳にすることが多くなった「スペシャルティコーヒー」は、ここ数年のコーヒー業界を激変させたとも言われています。そもそも「スペシャルティコーヒー」とは、どのようなものなのでしょうか?

コーヒーの関連記事はコチラから!

>>いまさら聞けない!「デカフェ」って何?
>>コーヒー豆を知る!【コーヒー豆の種類】
>>コーヒーを知ろう!【コーヒー記事まとめ】

スペシャルティコーヒーとは?

一般に広く流通しているのは、コマーシャルコーヒーと呼ばれるものです。例えば、「コロンビア」や「ブラジル」のように、国や地域名で呼ばれるコーヒーや、「モカ」や「キリマンジャロ」などのブランド名で販売されているコーヒーがそれにあたります。ここで重視されるのは、豆の質よりも均一性。味そのものの評価はされず、収穫された農園の標高や粒のサイズでグレード分けされ、価格が決まります。大量に流通されているため、消費者は低価格でコーヒーを味わうことができるのです。

一方、品質を重視し、産地それぞれの味の特性がはっきりとわかるものがスペシャルティコーヒーです。味そのものがあらゆる角度から評価され、優れたものには付加価値が付き、品質に見合った価格決定がなされます。市場に流通する全体量からすれば、ごく僅かな量ですが、希少な品種のコーヒーを適正な価格で愉しむことができます。

つづきをよむ→

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ