お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/05/12

今さら聞けない!駅前と郊外、出店するならどっち?

店舗を出店する時のポイントのひとつが立地。どのような顧客を獲得して、どういう業務展開をしていきたいのかは物件の立地によってガラッと変わってきます。駅前と郊外、それぞれの店舗のメリットとデメリットは何なのでしょうか?

駅前の店舗のメリット・デメリット

メリット

駅の利用者が多ければ多いほど集客数もアップします。また、駅を利用する人が主な顧客となるので、人の流れや適切な営業時間の予測が可能です。駅は目印にもなるので、ショップカードなど、地図で場所を記した時に店舗の場所のイメージがお客様に伝わりやすくなります。電車・タクシーの利用が容易なので、アルコールの提供をしやすいのも大きな強みです。

デメリット

日本のほとんどの場所において、地価は駅に近ければ近いほど高くなります。その分、物件にかける費用が高くなりがちです。また、郊外よりも駅周辺のほうが夜間の治安は悪くなります。近隣の店舗や住居の騒音、匂いについての問題が発生することもあります。

つづきをよむ→

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ