投稿日:更新日:

コロナで居抜き物件が急増中!?優良物件で開業するなら今がチャンスな理由

コロナで居抜き物件が急増中!?優良物件で開業するなら今がチャンスな理由_記事画像

コロナ禍による規制で飲食店に未だ厳しい状況が続いています。
こうした状況の中、飲食店の閉じまいが増えたことで、これまで人気があり空きがでなかった物件や、条件が厳しくて手の届かなかった物件に、動きが見られるようになってきました。

もしあなたが開業を考えているなら、この状況をチャンスと捉え、開業準備を進めることも十分に可能です。この記事では、コロナ禍で増えている店舗物件の特徴や探し方、また居抜き物件で店舗を開業する際のメリット、デメリットについても分かりやすく紹介します。

そもそも店舗物件にはどんな種類がある?

店舗物件には、大きく分けて「居抜き物件」と「スケルトン物件」の2種類があります。
居抜き物件は、水道やガスなどのインフラに加え、カウンターなどの前テナントの設備がそのまま残っているものを指します。什器や冷蔵庫、調理用具といった「造作」も譲渡されることがあります。

それに対してスケルトン物件は、こうした設備がすべて撤去されている物件。新築の場合もありますが、多くは以前のテナントの残留物はなく、壁紙、床材などが剥がされているものを指します。

今、飲食店の居抜き物件が急増中な理由

コロナ禍の中で、今、注目されているのが飲食店の居抜き物件。
帝国データバンクの発表によると、コロナ禍で閉店に追い込まれた飲食店は、2020年で過去最多の780件。2021年はさらに増えると見込まれています。

そのため、今はこれまでにない数の空き物件が出始めているのです。
店舗物件の場合、退去時は借主がスケルトンにして家主に返却する契約が一般的ですが、工事費用は1坪あたり5〜10万円。造作の撤去費用もかかります。そのため、撤退の日までに次の借り手を見つけ、そのまま居抜き物件として引き渡したいというケースが増えている、というわけです。

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

個人情報の取り扱いについて

メールアドレスを入力してください

会員登録すると、
開業に役立つコンテンツが
“ずっと無料”で利用可能です!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!1000件を超える物件情報を掲載!
・物件選定のコツをまとめた資料や創業計画書のフォーマットがダウンロード可能

PAGETOPへ