お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

  • HOME
  • お店ノウハウ
  • 「黒字倒産」はなぜ起こる?〇〇〇〇しておくことで防げる!

2017/03/24

「黒字倒産」はなぜ起こる?〇〇〇〇しておくことで防げる!

黒字(利益は出ている)にも関わらず倒産・廃業してしまうことを「黒字倒産」と言います。
近年、起業した会社やお店の中には、経営者が会計上のお金の流れを理解していないために、黒字倒産を起こす例が増えているのです。黒字なのに組織が倒産してしまうのは疑問に思えますが、お金が流れる仕組みを知っていれば、「なぜ黒字倒産が起こるのか」を理解することができます。せっかく開業したお店を倒さないためにも、お金の流れを知っておきましょう。

まず、黒字倒産が起こる理由を知る

これは会計上の記録ではなく、実際のお金の動きが関係しています。例えば、商品を仕入れる場合、まずそこで支払いのお金が生じます。しかし、その商品を売ったとしてもクレジット決済であった場合は実際の入金は1ヶ月ほど後になります。
このように、実際のお金の入金と出金が一致せず経費の支払いなどで資金繰りが困難になることがあります。
帳簿上と実際のキャッシュフローにズレが生じるため、キャッシュがない会社の場合は、帳簿上黒字でも運営がショートしてしまうのです。
利益を出してはいるものの、キャッシュバランスがマイナスになっている企業には、銀行も運転資金の融資をしませんので、結果としてキャッシュが追いつかず、黒字倒産という現象が起きるのです。

つづきをよむ→

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ