投稿日:更新日:

【canaeru QUIZ】赤字経営の回避…「損益分岐点」計算式は?

【canaeru QUIZ】赤字経営の回避…「損益分岐点」計算式は?_記事画像

経営に欠かせない「損益分岐点」。
この「分岐点」を超えなければ赤字…ということになります。

ここで計算問題です。

お店の家賃・人件費などの固定費が月140万円とします。

変動費率 = 原価率

とし、

お店の原価率を30%

としたとき、
損益分岐点となる売上高はいくらでしょうか?

■ 回答 ■

200万円

解説です。

損益分岐点の売上は、
固定費 ÷(1-変動費率)
でもとめることができます。

問題文の設定では、
損益分岐点の売上 = 140万円 ÷(1-30%)= 200万円
となります。

飲食店の場合、原材料費が主な変動費になりますが、厳密には光熱費など、他にも変動費に含まれる経費があります。

食材などの仕入れは常に「変動費」となります。
赤字経営をしないためには、経営者は、この「損益分岐点」を「常に」「即座に」計算できる力量が必要とも言えます。

canaeruは年間300件以上の開業サポート実績!

SNSでログイン、またはメールアドレスの登録で
開業までのサポート完全無料で受けられます!

個人情報の取り扱いについて

メールアドレスを入力してください

無料会員登録でできること
① 「日本政策金融公庫」の創業融資をはじめとする資金調達の相談が出来る!
② 開業時に必要な事業計画書の作成サポートが受けられる!
③ 店舗開業や運営に関するさまざまな疑問点・お悩みを何度でも相談可能!
※ 金融機関出身者、元飲食店オーナーら店舗開業のプロが対応します

PAGETOPへ