投稿日:更新日:

飲食店の名前の付け方|売れる店名のネーミング例25選![人気記事]

飲食店の名前の付け方|売れる店名のネーミング例25選!_記事画像

飲食店を開業するタイミングで誰もが悩むのが、お店の名前です。
店名は一度決めてから長く付き合うことになるだけでなく、お客様からの印象を左右する看板としての役割もあるため、迷ってしまいますよね。
そんなときは、飲食店のネーミングの基本を押さえながら、オリジナリティのある店名を考えてみましょう。

売れる飲食店に共通するネーミングや注意点

飲食店の名前は、オーナーが自由に決めることができます。しかし、実際に売れている飲食店のネーミングには、共通している5つポイントがあります。店名の決め方としてぜひ参考にしてみてください。

売れる飲食店に共通するネーミングや注意点

【ポイント1】読みやすい

最近では、人でもキラキラネームなど漢字を見ただけでは読むことのできない名前が多いです。お店の名前がなんて読むのか分からない名前だと、間違った名前で覚えられてしまったり、意味がわからないことから来店することを拒否するお客様も出てきてしまう可能性もあります。売れる飲食店には、初めて見た方が誰でも読める名前であるという共通点があります。日本国内の店舗であれば、ひらがな・カタカナ・画数の少ない漢字は、多くの方に読みやすいといえます。反対に、英語・フランス語・イタリア語は人によって見慣れないため、読めなかったり読み方を間違ってしまったりするかもしれません。

【ポイント2】覚えやすい

なんといっても、覚えやすい名前にすることが1番だと言えます。例えば、発音がいい名前・テンポの良い名前・しっくりくる名前など。お客様の頭の中に残るような名前を付けることができると、より良いです。覚えやすい名前にすることにより、お客様も「〇〇に行かない?」などと、行き場所や買う場所食べる場所などに困ったときなどでも、パッと店名が出てくることから、お店の売上も上昇をする傾向にあるのです。覚えやすい名前にすることにより、かなり嬉しいメリットは多いのです。一度来店された方に名前を思い出していただき、リピートしていただきやすくするために、記憶に残るネーミングを心がけましょう。インパクトがありかつ短い名前ほど、多くの方にとって覚えやすく流行る名前に近づきます。

【ポイント3】分かりやすい

一般的に、意味の分からない言葉は印象に残りにくくなります。店名を聞いただけで、どんな飲食店であるのかが想像できるほうが、より印象に残りやすいのです。和食なら和食らしく、中華料理なら中華料理らしく、どんな料理が出てくるのかを想像しやすい、分かりやすい店名をつけましょう。例えば、「〇〇宿」などと名前がついていることからお客様は宿泊をすることのできるお店だと思い入店をするとします。しかしながらそのお店は飲食店だった…。その他にも、「〇〇kitchen」と名前がついていることからお客様が料理教室と勘違いをしていたら雑貨屋だった…など。お店の本来のコンセプトと店名が全くもってマッチしていないものであると、お客様が間違って来店をされたり、逆に客足が減ってしまう場合もあります。しっかりとコンセプトに合う名前を選ぶことが良いです。

【ポイント4】似た名前は避ける

お店をつける場合、他店や有名人などと似ている名前は避けるようにしましょう。全く同じだったりすると、著作権を侵害したとして訴えられてしまう場合もあります。そのことから、お店の名前をつける時や考える時には、必ずその店名をネットなどにて検索して、同じ名前のお店や芸能人などがいないか確認をすることをおすすめします。

【ポイント5】お店のコンセプトにあっている名前にする

どのお店でも、コンセプトはあるものです。そのコンセプトに合わせた名前にすることにより、より印象に残りやすいようなお店へとなります。また、その他にもお店がどの年代や性別をターゲットとしているのかを見極めてから、名前を決めることもおすすめです。若い女性向けなら可愛らしい名前に、子供向けなら少しウケを狙った面白い名前など。ターゲットが決まっているのであれば、ターゲットに合うような名前にすることもおすすめです。

飲食店の名前の付け方

商売繁盛する飲食店のネーミングには共通点があります。それでは、一体どのような名前の付け方をすれば、読みやすい・覚えやすい・分かりやすい理想のネーミングが実現できるのでしょうか? そのためには、こちらでご紹介する5つの方法を取り入れてみてください。

客層に合わせる

飲食店の主なターゲットとなる客層に合わせて、親しみやすい店名を採用しましょう。たとえば、漢字を使用した固いイメージのある和風の名前は、年配の方から受け入れやすくなります。その反対に、ひらがなやカタカナを使った柔らかい印象の名前は、若い方に親しみやすい印象になるでしょう。ほかにも、濁点の有無やシンプルさの度合いなどの観点から、客層の中心に好まれる店名を意識してみてください。

飲食店の主なターゲットとなる客層に合わせて、親しみやすい店名を採用しましょう。たとえば、漢字を使用した固いイメージのある和風の名前は、年配の方から受け入れやすくなります。その反対に、ひらがなやカタカナを使った柔らかい印象の名前は、若い方に親しみやすい印象になるでしょう。ほかにも、濁点の有無やシンプルさの度合いなどの観点から、客層の中心に好まれる店名を意識してみてください。

<客層に合わせたネーミングの例>
●カフェ しろいねこ
●高瀬珈琲店
●アジアンダイニング はな
●拉麺 龍

ショルダーネームを入れる

店名は会社名と同様に、屋号としての重要な役割があります。店名を聞いただけでどんな料理が出てくるかを想像できるように、ショルダーネームを付けましょう。ショルダーネームとは、お店の業態を店名にするものです。たとえば、「珈琲専門店」と付けるだけで、初めて足を運ぶ飲食店でも業態が誰にでも伝わりやすくなります。また、ネット検索時にお店を特定するヒントになるのもメリットです。

<ショルダーネームの例>
●居酒屋
●焼き鳥
●珈琲専門店
●Café & Grill
●肉バル

コンセプトを反映する

店名を聞いたときにお客様がイメージする店舗とのギャップを生まないためにも、お店の雰囲気・主力メニュー・内装の特徴といったコンセプトを、店名に盛り込みましょう。店名を通して明白なコンセプトを伝えることで、名前を聞いただけでお店のサービスを想像しやすくなります。お店に一貫するコンセプトに似つかわしいネーミングを心がけ、独自のスタイルを作り上げましょう。

<コンセプトを反映したネーミングの例>
●手ごねハンバーグの森
●宇宙居酒屋 スペースシャトル
●プリン専門店 ア・ラ・モード!
●レトロ喫茶 うたかたの日々

文字数は2文字~7文字

とにかくお客様に店名を覚えてもらいたいなら、名前の文字数は2~7文字にとどめましょう。人間が瞬間的に記憶しやすい文字数は、認知心理学では「マジカルナンバー」と呼ばれ、5~9文字だとされています。店名があまり過ぎすぎると覚えにくいだけでなく、ネットで検索するときに入力の手間がかかり、かつ声に出して伝えにくくなります。通りがかりで看板を見た方にも記憶してもらいやすい店名が理想です。

<2文字~7文字のネーミングの例>
●りんごの樹
●ビストロ火山
●すし 大漁
●トリノ食堂

他店と差別化する

同じ名前や似た名前の店舗がたくさんあると、お客様に覚えていただきにくくなるのはもちろん、ネットで検索したとき上位に表示されにくくなります。他店とかぶらない店名を選び、数ある飲食店名のなかでも埋もれない、オリジナリティとインパクトのあるネーミングを心がけましょう。

<他店との差別化を図ったネーミングの例>
●一日三食ステーキ
●彼女の手料理ダイニング
●煮込み屋 100時間
●男のパンケーキ 極厚

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

個人情報の取り扱いについて

メールアドレスを入力してください

会員登録すると、
開業に役立つコンテンツが
“ずっと無料”で利用可能です!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!1000件を超える物件情報を掲載!
・物件選定のコツをまとめた資料や創業計画書のフォーマットがダウンロード可能

PAGETOPへ