お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

  • HOME
  • 開業ノウハウ
  • お酒の知識不足はお店の信用問題!「雑学」で経営危機を脱却

2018/03/29

お酒の知識不足はお店の信用問題!「雑学」で経営危機を脱却

お酒に関する知識や情報、ちょっとした「雑学ネタ」を持っていれば、お客様とのコミュニケーションが取やすくなり、お店の信用にもつながります。また、メニュー作りをする上でも、お酒に関する情報や知識はとても重要。まずは、基本的なお酒の種類をおさらいし、それにまつわる知識を身につけて飲食店の経営に役立てましょう。

お酒は大きく分けると3種類

お酒を製造方法によって分類すると「醸造酒」と「蒸留酒」、そして醸造酒や蒸留酒に、果実やハーブ、糖分、香料などを加えた「混成酒」の3つに分けることができます。

醸造酒の代表的なお酒と雑学

醸造酒とは、主に穀物や果実に酵母を加えることによってアルコール発酵させたお酒のこと。
アルコール度数は高くても20度前後と、蒸留酒に比べて低いものが多いのが特徴です。ブドウを原料とする「ワイン」や「シャンパン」、大麦や小麦を原料とする「ビール」、米を原料とする「日本酒」などが、醸造酒の代表格です。さっそく、代表的な醸造酒の特徴や雑学、メニュー…

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

会員登録すると、
開業に役立つコンテンツが
“ずっと無料”で利用可能です!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!1000件を超える物件情報を掲載!
・物件選定のコツをまとめた資料や創業計画書のフォーマットがダウンロード可能

PAGETOPへ