お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

  • HOME
  • お店ノウハウ
  • 集客できる食べ放題メニューを作る3つのポイント【食べ放題・飲み放題特集】

2017/06/02

集客できる食べ放題メニューを作る3つのポイント【食べ放題・飲み放題特集】

若い世代に人気の「食べ放題」コース。話題性もあり、集客効果もあるのでぜひ取り入れたいと思っている飲食店オーナーの方も多いはず。しかし、食べ放題にするメニューによっては赤字が出そうなイメージも……。食べ放題のメリットや、集客に繋がるメニューとはどういったものなのでしょうか?

【特集:食べ放題】の記事

>>ビュッフェ形式は儲かるのか?
>>3つのポイントを押さえて集客できる食べ放題メニューを作る
>>実は儲かる!?スイーツビュッフェ(ケーキバイキング)の秘密!
>>飲み放題メニューは儲かるのか?
>>ランチをビュッフェ形式にしてみよう!

食べ放題のメリットとは?

「食べ放題メニュー」を考える前に、そもそも食べ放題にはどんなメリットがあるのでしょうか。飲食店が食べ放題を設けるメリットは主に2つあります。

在庫管理が安易

通常のレストランであれば、いつどのようなオーダーが通ってもいいように、それぞれの在庫を多めに用意しておく必要があります。
もしオーダーを受けるメニューに大きな偏りがあり、どれかひとつのメニューに全く注文がなかった時には、大量の在庫が発生してしまいます。
ここで言う在庫は保存期限のある生鮮食品がほとんどなので、オーダーされない食材のほとんどが破棄となり、仕入れに費やした原価は全くの無駄になってしまいます。
その点、バイキングなどの食べ放題形式では、あらかじめ限られたメニューを用意することになるのでこの破棄されてしまう無駄な仕入れを行うリスクが低くなるのです。

仕入れのコストを低減できる

バイキングではメニューに合わせて使用食材を絞ることが可能です。ある食材の調理法や味付けを変えるだけで、違う料理として並べられます。その分ひとつの食材を大量に仕入れることになるので、大量仕入れによるディスカウントの恩恵を受けることもできるのです。
またビュッフェ形式で料理を展開した場合、料理は通常お客様自身で取ってもらうことになるので、フロアの人員が少数で済み、人件費を削減することが可能なのです。

つづきをよむ→

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ