お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2016/12/01

あなたのお店は目的店or機能店?

店舗には「目的店」、「機能店あるいは衝動来店」という分類があります。あなたの目指すお店はどちらでしょう。この違いで何を変えなければいけないのかを解説していきます。

「目的」or「機能(衝動来店)」って一体どういうこと?

お店には大きく分けて「目的型」と「機能型」に分けられます。
「お腹が減っている」との理由で来店するようなお店が機能型の店舗。ファストフード店などがこれに該当します。
一方、目的があって訪れるお店。例えば名物料理やサービスなどを目当てに、その場所を目指して訪れるお店が目的型の店舗になります。

どちらのお店を目指すのか

まず、「両方の要素をカバーする」といった考えは持たずに、目指すべきお店の形を想像し、どちらにするのかを決めましょう。この部分が決まっていないと、誰をターゲットにして商売をすればいいのかがわからなくなるからです。

機能型店舗の販促は派手に!?

機能型の場合、飲食店ならターゲットが「お店にこだわっていない人=決めていない人」となるので、クーポン券や、無料券配布という販促活動が大きな価値を生み出し、集客へと繋がっていきます。また、「○○円!」や「冷やし中華はじめました!」など、人が目を引くフレーズを打ち出すのも効果的です。
小売なら目を引かせるためにセール品を用意する、ポップを作るなどが効果的な集客方法になります。

目的型の店舗はこだわりをアピール

目的店の場合は、味や景色、サービスなど、そこに来る明確な目的がすでにお客様側にあります。この場合は割引よりも、こだわった味の提供や、世界観の演出を謳うことが必要になってきます。ホームページのデザインにこだわったり、口コミが起こりやすい企画を実施するなど、お店や強みをより魅力的にアピールすることで、お客様の心を惹きつけます。もちろん、「知る人ぞ知る」というお店を目的にして、宣伝活動を一切しないのもいいでしょう。とにかく明確なこだわりを持ち、他店と差別化をすることが目的型の店舗は非常に重要です。

文/canaeru編集部

メールアドレスだけでOK!
会員登録してみよう!

お店の開業や運営のノウハウ満載!
会員登録で『canaeru』の
全コンテンツ無料利用できます。

PAGETOPへ