お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2016/12/01

お店の種類は目的店 or 機能店。儲け方が違う2種類を徹底解剖

店舗には「目的店」、「機能店あるいは衝動来店」という分類があります。開業するに際し、あなたの目指すお店はどちらなのかによって、コンセプトが大きく変わってきます。まずは、この違いで何を変えなければいけないのか理解することが大切です。

「目的」or「機能(衝動来店)」って一体どういうこと?

お店には大きく分けて「目的型」と「機能型」に分けられます。
「お腹が減っている」との理由で来店するようなお店が機能型の店舗。ファストフード店などがこれに該当します。
一方、目的があって訪れるお店。例えば名物料理やサービスなどを目当てに、その場所を目指して訪れるお店が目的型の店舗になります。

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

会員登録していただくと、
その他のコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!約1000件の物件情報を掲載!
・【会員限定】お役立ちコンテンツがダウンロードし放題!

PAGETOPへ