お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/12/14

飲食店のエアコンが最適な温度にならないワケ

お客様に少しでも快適に過ごしてもらいたい!
そのための鍵を握るのが、空調コントロールです。
せっかくおいしい料理を提供していても、暑すぎる、寒すぎるといった不快感を覚えてしまうと、お店の印象はマイナスに。
飲食店のエアコンの設定温度と、多くのお客様に対応するための対策について調べました。

飲食店における空調コントロールの大切さ

気温と、食欲や快適さを求める行動は密接にかかわっています。
例えば、真夏日はキンキンに冷えたビールがよく売れ、寒い日は鍋料理の注文が多いなど、気温は売上げやメニューに大きく影響してきます。
そんな気温と人間行動の関係を逆手にとり、あえてエアコンの設定温度の寒暖差を調整して回転率を上げたり、追加注文を誘うといった戦略を用いる店も少なくありません。
また火を使う厨房内が暑いからと設定温度を厨房に合わせると客席が寒くなりがちに。
たかが空調と思われがちですが、何を優先するかによって実は温度設定も変わってくるのです。
とはいえ、お客様に不快感を与えてしまっては、リピート率は下がりかねません。
お客様の目線に立った快適な空間を提供することを第一に考えるべきでしょう。

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

会員登録していただくと、
その他のコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!約1000件の物件情報を掲載!
・【会員限定】お役立ちコンテンツがダウンロードし放題!

PAGETOPへ