お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/02/02

おしぼりの布と紙、コストの違いは?【飲食店グッズ】

布おしぼりと紙おしぼりでのコストや特徴について考察していきます。コスト面において、紙おしぼりの方が一見安く感じますが実際はどうなのでしょうか?

【特集:飲食店グッズ】の記事

>>飲食店のペーパーナプキンっていくらするの?
>>飲食店のお箸。エコ箸と割り箸どちらがおすすめ?
>>布と紙のおしぼり、コストの違いは?
>>飲食店でのコースターは必要?それともいらない?
>>店舗におけるのれんの役割
>>キャッシュトレーとカルトンっておなじもの?
>>弁当・テイクアウト容器は案外コスト高?
>>保存版!ビールグラスの種類を知る
>>一気に読む<記事まとめ>

布と紙おしぼりのコストの差は?

【布おしぼり スタンダードタイプ】
例(1ヵ月):1000本 8,000円

【紙おしぼり スタンダードタイプ】
例(1ヵ月) :1000本 2,500円

コストだけで比べた場合、違いは一目瞭然です。紙おしぼりの方が圧倒的に安価になっています。また、布おしぼりは専用の温冷蔵庫が必要となってきますが、こちらは業者によっては一緒に貸し出してくれます。
コスト面では、紙おしぼりの方が圧倒的に利点があることがわかりました。
それでは、なぜ、布おしぼりを選択するお店があるのでしょうか。布と紙おしぼり、それぞれの特徴を解説していきます。

つづきをよむ→

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ