お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/10/18

ワイングラスの種類と特徴を覚えよう!

ワイングラスといっても、よく見てみるとさまざまな形状があります。
でも、なぜ形が違うのか、その理由を知っていましたか?
ブドウの品種の特徴などに合わせてグラスを選ぶ必要があるのです。

ワイングラスの形状はなぜ違うのか?

ワインの決め手となるのは、まず味。
でも、人間の舌は、部位によって感じる味覚が違い、「甘味」は舌の先、「酸味」は舌の両サイド、「渋み」は舌の中央奥になります。
そのため、同じワインでも舌のどの部位をどのように通過するかで、まったく味の感じ方が変わってきてしまうんです。
次に重要なのは香りですが、やみくもに香りが広がればいいというわけではありません。
銘柄によっては、逆に香りの広がりを抑えた方が、全体のバランスが取れてよりおいしく感じられることもあります。
そんなワインの口への運ばれ方やスピード、香りの立ち方を左右するのがグラスの形状。
それぞれのワインの特徴を考え、おいしさを最大限引き出す形状のグラスを選ぶことが大切なんです。

つづきをよむ→

会員登録をすると
続きをご覧いただけます。

会員登録していただくと、
その他のコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!約1000件の物件情報を掲載!
・【会員限定】お役立ちコンテンツがダウンロードし放題!

PAGETOPへ