投稿日:更新日:

法人クレジットカードで経費を先延ばし|独立 起業 開業するときにはもれなく法人クレジットカードを作れ![人気記事]

法人クレジットカードで経費を先延ばし|独立 起業 開業するときにはもれなく法人クレジットカードを作れ!_記事画像

支払いにクレジットカードを活用すれば、経営において重要な課題である、キャッシュフローの改善やコスト削減など、恩恵を受けられます。
個人事業の場合、法人カードを持っていないオーナーは多いと言われています。
これは、大きな損!
法人カードのメリットを抑え、経営に活かす方法を紹介します。

メリット1:さまざまな経費処理の管理が簡単に

支払いの際に利用限度額が少額の個人クレジットカードではなく、支払い限度額が多い法人のクレジットカードにすることで、支払先をひとつにまとめることができます。特に商品や材料などの仕入れは、支払の総額が大きくなるので、複数の個人用クレジットカードでは、支払先も多くなり管理も大変です。しかし、決済に使うカードを1枚にすれば、支払先が複数でも、銀行口座からの引き落とし回数が1回で済みます。出金日や回数が限定されるため、後々の管理が非常に楽なのです。

メリット2:支払いに発生する時間や手間の削減

経理関係の処理は店舗オーナー自ら対応するという方もいるでしょう。仕入れの支払いや各種経費の精算などをバラバラに対応していては、手続きに時間や手間などが掛かるばかりです。しかしクレジットカードでまとめれば、自身の時間節約に繋がります。また使用した金額や支払先などは、クレジットカードの明細に記載されるため、いつ何にいくら使ったのかを記録しておくこともできます。

メリット3:資金繰りの改善が可能

クレジットカードがあれば、支払いの際に手元に現金がなくても決済が可能です。つまりクレジットカードの支払いまでには猶予が発生するため、資金繰りに余裕ができるのです。開業から間もない店舗の場合など、少しでも現金の出は遅くしたい時は、銀行振り込みの手数料なども節約できるため、支払先が多くなりがちな店舗運営にとっては非常に大きなメリットです。
しかしながら、支払額が変わったわけではなく、あくまでも先になっただけの話です。この点は、メリットであると同時にデメリットでもあるので、このような利用には十分注意しましょう。

法人クレジットカードを選ぶ際のポイント

法人クレジットカードにも、カード会社によってさまざまな種類があります。選ぶ際のポイントについて、いくつか挙げてみました。

ポイント還元率の高さ

法人クレジットカードのポイント還元率は、一般のクレジットカードとあまり違いはありません。しかし、店舗の運営に使用する場合は、利用する総額が数十万単位と高くなります。そのため、長期的に見ればマイルなどの還元ポイントが貯まりやすいです。還元率は優先度こそ低めですが、より高いものを選ぶに越したことはないでしょう。

付帯サービスの内容

法人クレジットカードには、カード会社によってさまざまな特典である「付帯サービス」が存在します。例えば航空券や宿泊施設の予約など、電話1本で行ってくれるなど、地方を飛び回る方には便利な特典です。付帯サービスはカードのランクが高くなるほど充実。そのため、仕入れ交渉や商談などで飛行機での移動が多いなら、それに合わせた付帯サービスが付いたクレジットカードを選ぶと非常に便利です。

年会費の有無

法人クレジットカードにも、年会費があるものとないものが存在します。もちろんカードによって異なりますが、高くても1万円程度であることがほとんど。また、個人用のカードの年会費は経費として計上できない場合もありますが、法人クレジットカードの年会費は経費としての計上が可能です。この点でも、法人クレジットカードを作っておくメリットがあります。

主な法人クレジットカードの特徴

それでは具体的に、主な法人クレジットカードの特徴を見ていきましょう。

JCB法人カード

オーナーだけでなく、各従業員に1枚ずつカードを持たせることで、仕入れや接待費、交通費などの必要経費を一括で管理できるシステム、いわゆるコーポレートカードの代表格がJCB法人カードです。月額に計算すると1枚100円ほどの使用料で、従業員数100名以上に対応できるので大変便利。ゴールドやプラチナカードには海外旅行傷害保険が付いているので、出張の多い従業員には、そちらを用意しましょう。

三井住友ビジネスカード

クラシック(一般)、ゴールド、プラチナカードの3つのランクを備えている法人カード。海外・国内旅行傷害保険はプラチナで最高1億円となっているほか、チケット手配などの出張サービスが充実しています。また、三井住友には「三井住友ビジネスカードfor Owners」という、会社を設立して日があさくても入会できる法人カードもあります。株式会社などの経営者ではなくても問題はありません。もちろん一定の審査はありますが、社歴の短さも問われませんので、開店直後の店舗のオーナーでも対象になります。

セゾンビジネスプラチナカード

ゴールドカードよりもランクが高いプラチナカードなので、付帯サービスも充実しています。なかでもコールセンター経由で新幹線や飛行機のチケット手配をしてくれるサービスは、時間のないオーナーにはぴったり。ホテルの手配、接待・会食の際のレストランの予約、フラワーギフトなども、24時間365日対応してもらえます。忙しくて、情報を仕入れる時間がないという方向けに、ビジネス書や教養本などを要約で読むことができるという、珍しい優待サービスもあります。

楽天プレミアムカード

一般の「楽天プレミアムカード」を持っている人が、2160円の追加料金を払うことで“セット”で持てる法人カードです。個人で支払う場合は個人名義のカードを、店舗の経費として支払う場合は法人名義の法人カードを、と使い分けることで、精算がぐっと楽になります。法人カードの利用でも、楽天市場のショッピングポイントがつきます。また、楽天ETCカードを複数枚付帯でき、もちろんポイントも貯まるというメリットもあります。

ダイナースクラブビジネスカード

コーポレートカードの追加発行が何枚でも無料。出張精算や仮払いの手間が省けるだけでなく、従業員がコーポレートカードで支払った分も、オーナーの基本カードの利用分としてポイントが合算されるので、ポイントが貯まりやすいのが特徴です。カードの利用データを取り込んで、青色申告や決算書の作成が簡単にできるウラウド会計ソフトが利用可能。ビジネス上のトラブルなどを、プロのアドバイザーに無料で相談できるサービスもあります。

アメックス ビジネスゴールドカード

カードを使って支払った経費の仕分けを、まとめてレポートにして出してくれる便利なサービスが付いた法人カード。レポートは「四半期ご利用集計」と「四半期ご利用明細」の2種類があり、3ヶ月ごとの利用記録を利用内容の業種別に集計して届けてくれます。経費報告書との照合や確認をするのも簡単になり、カードの支出を見直すことで、経費削減にもつながります。

オリコEX Gold for Biz

オリコカードが発行している法人ゴールドカード。経費の管理や各種サービスを備えた法人カードながら、初年度年会費が無料、2年目以降も2160円と、個人オーナーにはうれしいお手頃な価格。さらにに「Id」「QUICPay」という電子マネー内蔵のカードなので、コンビニやタクシーなどでの支払いがスムーズになります。

この記事の監修
株式会社USEN/canaeru 開業コンサルタント

○会社事業内容
IoTプラットフォーム事業・音楽配信事業・エネルギー事業・保険事業・店舗開業支援事業・店舗運用支援事業・店舗通販事業。

○canaeru 開業コンサルタント
銀行出身者、日本政策金融公庫出身者、不動産業界出身者、元飲食店オーナーを中心に構成された店舗開業のプロフェッショナル集団。
開業資金に関する相談、物件探し、事業計画書の作成やその他の店舗開業における課題の解決に取り組む。

※この記事は、2017年6月16日に公開した内容を加筆修正したものです

会員登録をすると、
開業や経営に役立つコンテンツが“ずっと無料”で利用可能です!

・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!1000件を超える物件情報を掲載!
・物件選定のコツをまとめた資料や創業計画書のフォーマットがダウンロード可能

PAGETOPへ