お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/07/07

飲食店のお箸。エコ箸と割り箸どちらがおすすめ?

ここ数年のキーワードにもなっている「エコ」。飲食店で使用するお箸も、使い捨ての割り箸から何度も使用できる樹脂製の「エコ箸」を導入するところが増えてきています。コスト削減につながったり、さらには「エコ」をアピールできることから、「エコ箸」の導入がおすすめのような印象ですが、実際にはどうなのでしょうか。

エコ箸と割り箸、コストの違いは?

経営者として気になるのがコスト面。お箸は飲食店にはなくてはならないものだけに、長期的な視点をもって、無理なく運用できる方を選びましょう。

割り箸の場合

材質や用途、箸袋のあり・なしで金額は変わってきますが、一般的な袋なしのものなら1膳当たり2円~5円程度。袋入りのものでも、3円ほどから手に入ります。100膳、5000膳と、販売単位が大きくなるほど、1膳当たりの価格は安くなります。ただ、毎回捨てなければならないので、定期的な購入が必要なことと、廃棄費用が余計にかかることを計算に入れておきましょう。

エコ箸の場合

シンプルな四角箸なら1本40円ほどからありますが、抗菌や滑り止めがついたものなどは、概ね150円~300円といったところ。耐久性があるため数年単位で使えますが、洗浄費用(水道代・洗剤代・電気代・人件費など)を考慮しておく必要があります。

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

会員登録していただくと、
その他のコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!約1000件の物件情報を掲載!
・【会員限定】お役立ちコンテンツがダウンロードし放題!

PAGETOPへ