お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/04/21

ファサードで集客しよう

お店の外観・外装はファサードと呼ばれ、集客の有無を左右する非常に重要なパートです。例えば、カフェの来店動機がお店の外観であったとすれば、これは集客できるファサードだったということになります。お店の見た目の集客には大きなポイントとなるのです。

お店のコンセプトを表現したデザイン

来店する前に最初にお客様の目に入るもの、それがファサードです。
看板だけでなく、入口や正面から見える窓、また建物の色にもこだわることで、それを集客に繋げていきます。飲食店であれば、料理の種類(イタリアンや中華など)によってその国の街並みがイメージできる世界観を表現したり、骨とう品を扱うのであれば、ノスタルジックなイメージにデザインしたりなど、お店のこだわりを外観でアピールするのがポイントです。デザイン性と分かりやすさを兼ね備えることで「イタリアンの本場の味にこだわっていそう」、「おしゃれなアンティークが揃っているのかも」と、入店前からワクワク感を創出させることが大切です。

お客様の目に止まる外観とは?

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

PAGETOPへ