お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

  • HOME
  • お店ノウハウ
  • 知らないと損する?業務用クリーニング事情は個人とどう違う?

2017/02/13

知らないと損する?業務用クリーニング事情は個人とどう違う?

店舗が支給するユニフォーム。これは個人でクリーニングに出すものなのでしょうか。それとも店舗で一括して行うものなのでしょうか。意外と知らないユニフォームのクリーニングに関する知識や、業務店ユニフォームのクリーニングのオペレーションを知っておきましょう。

従業員にクリーニング代は負担させない!

従業員にクリーニング代を負担させることは違法行為ではありません。ただし、それは就業規則にその旨を記載し、労働者と事前に同意した場合のみとなっています。
基本的にはクリーニングは店舗でまとめて出すのが一般的です。違法ではないのなら従業員に負担させようと考える方もいるかもしれませんが、従業員負担にすると「汚れてないからまだ大丈夫」と、どんどん制服が汚れていくことも考えられますし、「クリーニング代を出させるお店」ということを知り、それだったら…と雇用が集まらなくなる可能性もあります。従業員負担が経営に大きな影響を与えてしまうことがあるのです。また、インターネットやSNSが発達した時代。お店の悪い評判は一気に広まってしまう可能性もあります。
基本的には会社で責任を持ってクリーニングを行うようにしましょう。

つづきをよむ→

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ