投稿日:更新日:

【canaeru QUIZ】「ボトルキープ」の発祥はどこ?

【canaeru QUIZ】「ボトルキープ」の発祥はどこ?_記事画像

飲食店の棚などにズラリと並べられたお酒の中に、「〇〇様」と書かれたプレートやシールが付いているボトル。
お酒をボトル(瓶)ごと購入して、それをお店に保管しておけば、お客様はボトルの中のお酒が残っている限り、いつ来ても無料でお酒が飲めます。
これが「ボトルキープ」というシステムです。

お酒の中でも、開栓後に品質が変わりにくい、蒸留酒の焼酎やウイスキーなどがボトルキープというシステムに向いています。
一般的に日本酒は味が変わってしまうので、あまりおすすめできないとか。

ウイスキーなどが向いている、ということは、欧米のどこかで発症したシステムなのでしょうか?

■ 回答 ■

日本

この「ボトルキープ」という言葉、実は日本で作られた造語で、海外では通じません。
言葉だけでなく、システム自体が日本オリジナルのもの。
そのため、こうした習慣のない外国人は、キープされているボトルを見て、「中途半端に残っているお酒を陳列しているの?」、「飲み残しだから、勝手に飲んでいいの?」と誤解をしている人も多いようです。

canaeruは年間300件以上の開業サポート実績!

SNSでログイン、またはメールアドレスの登録で
開業までのサポート完全無料で受けられます!

個人情報の取り扱いについて

メールアドレスを入力してください

無料会員登録でできること
① 「日本政策金融公庫」の創業融資をはじめとする資金調達の相談が出来る!
② 開業時に必要な事業計画書の作成サポートが受けられる!
③ 店舗開業や運営に関するさまざまな疑問点・お悩みを何度でも相談可能!
※ 金融機関出身者、元飲食店オーナーら店舗開業のプロが対応します

PAGETOPへ