お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

  • HOME
  • 開業ノウハウ
  • 「カンピロバクター食中毒」による飲食店営業停止処分の実態とは?

2018/11/29

「カンピロバクター食中毒」による飲食店営業停止処分の実態とは?

近年、増加の一途をたどるカンピロバクター食中毒。
厚生労働省によると、患者数は年間2000~3000人ほどで、その多くが生肉や十分な加熱がされていない鶏肉料理を提供した飲食店で発生しているというのです。
なぜここまで増えてしまったのでしょうか。
原因のひとつには鶏肉にまつわるリスクが周知されていないことがあるようです。
飲食店にとってカンピロバクターに限らず食中毒が発生してしまった場合、店の存続に関わる深刻な事態になりかねません。
鶏肉のリスクとはいったい何なのか、しっかりと把握することが大切です。
ここではカンピロバクター食中毒の説明とその予防策について説明していきます。

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

個人情報の取り扱いについて

メールアドレスを入力してください

会員登録すると、
開業に役立つコンテンツが
“ずっと無料”で利用可能です!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!1000件を超える物件情報を掲載!
・物件選定のコツをまとめた資料や創業計画書のフォーマットがダウンロード可能

PAGETOPへ