お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2018/05/18

【第1回】内装について考える前にやるべきこと

「お店を開く」という夢を思い描いたときから、どんな内装にしようかと考えを巡らせている方も多いことでしょう。せっかく自分のお店を構えるのだから自分自身が満足できて、お客様にも愛されるようなこだわりのインテリアにしたいですよね。そこで大事になってくるのがパートナーでもある内装業者。「こんなはずじゃなかった……」と後悔しないための物件探しのコツや内装業者との上手な付き合い方など、内装にまつわるいろはを5回にわたってお届けします。教えてくださるのはこれまでたくさんの店舗の内装を手がけてきたその道のプロ、ユニオンテック株式会社の取締役小林佐理さんです。

内装で成功できるかどうかは、いい物件を選ぶことから始まります。そこで初回のテーマは「いい物件の見つけ方」。店舗となる物件を探すためのはじめの一歩、条件のいい物件を見つけてくれるいい不動産仲介業者と出合うためのポイントをお伝えします。

物件探しの段階で内装業者とのつながりを持つ

小林:開業を志すみなさんは、内装工事が意外と高いものであることをすでにご存知だと思います。そのため、物件探しと同じぐらいに「内装業者はどこにしようかな?」「デザインはどうしようかな?」と考える方が多いと思うんですけど、内装について考える前にまずは店舗の収支計画書を作成する時点で、どれだけ内装にかけられるのかを試算する必要があります。収支計画書の中で客単価や回転率などが試算できますし、1日の見込み客に対しての売り上げの予測も立てられます。そこから逆算して、どのくらいの資金を初期投資として内装にかけられるのかを明確にしていきます。おそらく、自分の持っている「こういう内装にしたい」というイメージと実際にかかる予算は合わないことが多い……というか確実に合わないと思います(笑)。ですから、まず考えるべきこととして、内装業者を選ぶ前にかけられる予算を明確にして欲しいですね。予算を考えることによって「あまり初期費用はかけられないな」とか、「最初は自分ひとりでやらなきゃいけないしアルバイトも採用できないから、家族に手伝ってもらいながらやっていく……となるとお客さんは一度に何人までが限界で、カウンター席とテーブル席はどのくらい必要で……」といった感じで、お店を開いたときのイメージを持てますよね。それから物件探しをすることで物件に必要な条件が明確になりますので探しやすくなるはずです。お店を始めるにあたって過剰な広さの物件を借りる必要はありませんが、狭すぎてもダメです。また、よく居抜きがいいと言いますが、自分のコンセプトや将来のビジョンに居抜き物件の現状がそもそもそぐわないというケースも多々あります。本当に居抜きがいいのか、それとも居抜きから改装していくのか、または、スケルトンから工事をするか、まず検討が必要です。また、是非物件探しの段階で内装業者とのつながりを持っておいて下さい。これについてはこのあとでお話します。

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

会員登録していただくと、
その他のコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!約1000件の物件情報を掲載!
・【会員限定】お役立ちコンテンツがダウンロードし放題!

PAGETOPへ