お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2018/01/25

圧迫面接が経営崩壊につながる可能性とは?

経営者が頭を抱える「採用」問題。いかにいい人材を見極められるかで、お店の今後の展開にも関わってくると言っても過言ではありません。採用できる人数には限りがあるからこそ、よりよい人材を見極めて採用したいものです。

まず注意したい、面接をする側の心得!

面接を受けようとする人向けのマニュアルは数多くありますが、面接をする側のマニュアルはあまり用意されていません。
いい人材を見極めるためにも、面接を受ける側の人となりが分かるような土台を準備する必要があります。

応募者の緊張を理解する

当然ですが、応募者は面接官に「いい印象」を持ってもらいたいと思って面接に臨みます。それゆえに必要以上に緊張して言葉が出てこなかったり、本当の自分を出せなくなったりしてしまいます。しかし、いい人材を見極めるためには、できるだけ応募者の「素」を引き出して、人となりを知っておきたいです。そのためにも応募者の緊張をよく理解して、できるだけ話しやすい環境を作ることが大切です。

圧迫面接は絶対NG

近年話題になっているのが「圧迫面接」。面接する側が少し高圧的な態度を取り、それに対して相手がどう対処するのかを見極める目的がありますが、店舗の面接においてはおすすめできません。
その理由として、その面接が採用につながればよいですが、採用しなかった場合。SNSでつぶやいてしまう、という例が多いのです。
その"圧迫"が理不尽であればあるほど、SNSでの拡散は容易に想像でき、個人経営のお店や会社などは取返しのつかない信用損失にもなりかねません。

つづきをよむ→

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ