お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/09/01

賃金支払におけるルールと留意点

人材が必要になったとき、事業にとって、そして働いてくれる人にとってより良い環境をつくることも、経営者としての責任のひとつです。
働いてくれる人にとってのより良い環境、それは仕事の内容や働く上での人間関係、また福利厚生なども大事な点ですが、第一に給与(賃金)支払いシステムの完備を抜きに、雇用主と従業員の信頼関係は結べないと言っても過言ではありません。

賃金支払いについての届け出

まず初めに、賃金支払い業務を行うことになったら、「給与支払事務所等の開設の届出」を税務署へ提出する必要があります。これは従業員を雇って賃金を支払うことになりましたと税務署に知らせる書類です。賃金を支払うようになってから1ヵ月以内に税務署へ提出しましょう。

賃金支払いの5原則

<労働基準法第24条(賃金の支払)>
賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない。ただし、法令若しくは労働協約に別段の定めがある場合又は厚生労働省令で定める賃金について確実な支払いの方法で厚生労働省令が定めるものによる場合にお…

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

会員登録すると、
開業に役立つコンテンツが
“ずっと無料”で利用可能です!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!1000件を超える物件情報を掲載!
・物件選定のコツをまとめた資料や創業計画書のフォーマットがダウンロード可能

PAGETOPへ