お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/08/30

店舗内装工事前に知っておくべき「お金」のこと

開業する際の内装工事にはいくらぐらいかかるのでしょうか?初めての人はもちろん、経験があっても、なかなか簡単には予測がつかないものです。内装工事分野は専門性が高く、業者に見積依頼をしたとしても、はたしてそれが高いのか、安いのかという判断も難しいです。しかし初期費用を抑える大きなポイントはここにあると言っても過言ではありません。

飲食店の「新装」の場合

店舗内装工事には大きく分けても下記のような段階が存在します。
・設計
概ねのデザインを元に、図面を使って実際に設計します。
・仮設
工事の前に、建物を傷つけない為の養生やマスキング、工事期間中に使用する仮囲いや足場の設置などを行う必要があります。
・解体(スケルトン物件の場合は不要)
 什器の撤去や床の仕上げ材、壁、天井、クロス、間仕切りの撤去・処分を行い、建物をスケルトン状態に戻す作業です。元の内装を利用する場合や、元々スケルトン物件の場合は発生しません。
・施工
いよいよ店舗を形にしていきますが、この内容も、左官工事や木工造作、ガラス工事、塗装工事など、多様な作業に分類されます。
・設備調整
 空調設備やインフラの設備も、内装と大きく関係しています。動線や営業オペレーションを想定した設備の調整が必要です。

内装工事の見積もりの場合、落とし穴としては、施工費にばかり目がいくことです。棚をここに作るには、カウンターをこの形に設置するには、壁をこの色にするには、というためのお金がそこには含まれますが、実際には付随する図面制作費や解体作業費などが必要なのか、という事もしっかりと覚えておきましょう。
内装工事費はデザインへのこだわりや物件状態などによって大きく変わります。参考までに相場として、15坪くらいの飲食店の新装の場合、1坪30万円~50万円が多くみられる価格帯とされています。またこの半分は水回りや電気、ガスなどの設備工事に費やされると考えていいでしょう。

つづきをよむ→

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ