お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/07/13

LINE@を使い、お客様にオトクな情報をダイレクトに届ける!

いま最も国内で使われているSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)は、緑色のアイコンでおなじみのLINE(ライン)です。国内ユーザー数は6,800万人を超え、そのうち毎日LINEを利用している人は70.8%にものぼります。LINEは、主にメッセージツールとして利用されていますが、集客・販促ツールとして活用する場合、どのような方法があるのでしょうか。

実は、社会人の支持が厚いLINE

LINEのユーザー属性を調べてみると、10代~20代の若者の利用者が全体の約45%、30代以上が約55%を占めています。職業別で見てみると、会社員が約45%で最も多く、次いで主婦・パート・アルバイトの割合が約34%を占めています。LINEの利用頻度は若者が多いものの、大人にも強く支持されているSNSなのです。幅広い年齢層で利用されているため、業態を選ばず集客・販促ツールとして活用できそうですが、30代~40代をターゲットにしたセレクトショップや飲食店、サロンとの親和性が高いでしょう。

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

会員登録していただくと、
その他のコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!約1000件の物件情報を掲載!
・【会員限定】お役立ちコンテンツがダウンロードし放題!

PAGETOPへ