投稿日:更新日:

あえて飲まない「ソーバーキュリアス」って何?ノンアル時代突入の狼煙が上がっている件について

あえて飲まない「ソーバーキュリアス」って何?ノンアル時代突入の狼煙が上がっている件について_記事画像

欧米ではミレニアム世代を中心に「ソーバーキュリアス」がトレンドになっています。
ソーバーキュリアスとは、「酒は飲めるけど、あえて飲まない選択」をする人やライフスタイルのことで、近年、日本でも広がりを見せています。

ソーバーキュリアスは「しらふ」を意味する「Sober」と「好奇心旺盛、~したがる」の意味を持つ「Curious」の2つを掛けた造語。さしずめ「しらふでいたがる」、「しらふ主義」と言ったところでしょうか。ではなぜ今、「ソーバーキュリアス」が注目されているのでしょうか。

ソーバーキュリアス増加の裏には日本全体の酒離れがあった!?

昨今、よく耳にするのが「若者の酒離れ」という言葉。
厚生労働省の「国民健康栄養調査」では、飲酒の習慣を「週3日以上、1日1合以上飲酒する」としています。

この調査によると、1997年には飲酒習慣のある20代男性は30.7%、20代女性は9%でしたが、2017年には、20代男性は16.2%、20代女性は3%と減少傾向にあることがわかっています。

ただ、男性の飲酒習慣は、20代に限ったことではなく、全ての年代で減っています。一方、女性は、40代から60代まで増えていますが、もともと飲酒する人の割合が異なるので、全体で見れば「日本人の酒離れ」が進んでいると言えます。こうした酒離れがソーバーキュリアスが広がりを見せている理由と言えるでしょう。

「酒離れ」が進行している4つの理由

1. 非正規雇用の増加

バブル崩壊後、90年代末に起きた金融危機を境に、正規雇用が減少し、非正規雇用が増え始めました。95年には9.8%だった15歳~24歳男性の非正規雇用比率は、2005年には、28.2%に達しています。

非正規雇用者には正社員のような同期や上司といった強い繋がりが少なく、職場の仲間と飲むこともそう多くはないかもしれません。何より、所得の低い若い世代にとって、飲みの場は出費がかさむ場所。これでは酒を飲むことが習慣になるはずがありません。

2. 健康志向の高まり

食生活の変化などを背景に、日本人男性のBMI(人の肥満度を表す体格指数)は1990年代から上昇傾向にあることが厚生労働省の調査で分かっています。2008年から40歳以上を対象に始まった、いわゆる「メタボ健診」の広がりもあり、体重増加によってアルコール摂取を控えようと考える中年世代が増えた可能性は否定できません。

また、デジタルネイティブ世代の若者は、健康に関する知識が豊富で他の世代よりも健康志向が高いという指摘もあります。

3. 味の嗜好の変化

酒離れの中でも落ち込みが激しいビールに代わり、支持を広げているのがレモンサワーです。以前は「とりあえずビール」が当たり前でしたが、日本蒸留酒酒造組合の調べでは、3人に1人が「レモンサワーを飲むタイミングは1杯目から」と回答し、特に20代で1杯目からレモンサワーを飲む人の割合が大きく増えています。

レモンサワーを飲む理由では「味がすっきりしている」が全ての世代でトップです。
また、総務省の「家計調査」によると、1年間の一世帯あたりの飲料(清涼飲料)と酒類を合わせた支出額に占める割合を見ると、20年前は56%が酒類でしたが、10年前に逆転され、2016年には酒類が44%、となっています。

苦いビールより飲みやすいサワーが好まれ、さらにアルコール飲料より飲みやすいノンアルコールが選ばれる傾向にあります。

4. 働き方改革による影響

昨今の働き方改革によって以前では普通だった、“朝から晩まで働き、ストレス発散のため帰りに仲間と一杯”といった飲み方も減っているのかもしれません。このような時代の変化が酒離れに影響していることは間違いないでしょう。

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

個人情報の取り扱いについて

メールアドレスを入力してください

会員登録すると、
開業に役立つコンテンツが
“ずっと無料”で利用可能です!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!1000件を超える物件情報を掲載!
・物件選定のコツをまとめた資料や創業計画書のフォーマットがダウンロード可能

PAGETOPへ