お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

  • HOME
  • お店ノウハウ
  • 「米軍基地の街」という独特なフォーマットを持つエリアにある”本物”のタイ料理店は、そのギャップが差別化であり魅力となる

2018/03/13

「米軍基地の街」という独特なフォーマットを持つエリアにある”本物”のタイ料理店は、そのギャップが差別化であり魅力となる

最寄りの福生駅からは徒歩12分、車通りの激しい国道16号に面し、決して好立地とは言えない環境にありながら、タイ料理というコアなジャンルで勝負をして7年。今ではいつも老若男女問わない大勢のお客さんで賑わうお店となった「カオマンガイ16号」が、ハンデを強みに変えて人気店であり続ける極意を探る。

車で来る、駅から歩いてくる、タクシーで来る、お客様の来店手段はさまざま。

車で来る方は多いですけど最寄り駅で降りて歩いて来てくださる方もたくさんいますし、タクシーを使って来てくれる方もいたりして、それは本当にありがたく思っています。自分自身も本当に行きたいお店だったら駅から遠くても何をしてでも行くと思うので、お客さん側がそこまでしてでも来たいと思ってくれている。
おいしい料理といいサービスを提供し続けることが、それを支えていると思います。
それだけではなく、お店の目標が“街のテンションを盛り上げていく”ということなんです。そのために街を上げたイベントにも積極的に参加していて、横田基地でお祭りがあるときは店頭でガイヤーン(タイの焼き鳥)を焼いて売ったり、記念Tシャツを作ったりしました。そういうこともあってか地元のお客さんや顔見知りの人がたくさん来てくれますし、地元に愛されていることが場所に左右されない理由です。

つづきをよむ→

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ