お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

  • HOME
  • お店ノウハウ
  • 〇〇〇〇販売で崩壊するエステサロンが多いワケを知って"儲かる"サロンを開業する

2016/12/26

〇〇〇〇販売で崩壊するエステサロンが多いワケを知って"儲かる"サロンを開業する

フェイスケアやボディケア、スリミングなどを中心に、ネイルケアやまつ毛ケアなど、サービスが細分化しているエステサロン。サロンにはそれぞれの専門スキルを持ったエステティシャンが求められていますが、実は開業のために必要な資格はありません!
では、何をどのように準備すればいいのでしょうか?

エステサロンの開業に必要な手続きとは?

まずエステサロン、リラクゼーションサロンなどを開業するのに必要な資格はありません。そのため、エステサロンは比較的自由にビジネスをスタートできる業種として知られています。
ただし、資格はいらなくても手続きは必要です。開業から1ヵ月以内に税務署へ「個人事業主の開業届出」を提出する必要があるので注意しましょう。また、首から上のフェイシャルサービスのみという業務形態を取る場合には、美容師免許が必要です。さらに、医師の国家資格なしに美容整形などの医療行為に該当するサービスを行うことは、法律違反となりますので、メニューを計画する際には十分に気を付けましょう。

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

会員登録していただくと、
その他のコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!約1000件の物件情報を掲載!
・【会員限定】お役立ちコンテンツがダウンロードし放題!

PAGETOPへ