お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

  • HOME
  • お店ノウハウ
  • 実際にあった飲食店事件簿7選~逮捕された飲食店経営者たち~

2018/01/31

実際にあった飲食店事件簿7選~逮捕された飲食店経営者たち~

SNSの普及で迷惑客などの存在がクローズアップされることが増えていますが、客ばかりでなく店側の困った行動も同様です。飲食店はお客様に美味しい料理や心を込めたサービスを提供し、喜んでもらえてこそ存在価値があるものです。しかし店側の意識の低さがトラブルや事件を招き、中には逮捕されてしまったというケースも。実歳にあった飲食店事件簿をご紹介します。

飲食店の逮捕PART.1 客を起こそうとして火炎放射を放ち逮捕

北海道の飲食店で起きた事件です。
経営者の男が店内で寝てしまった会社員男性に対して、ヘアスプレーのガスに火を付け、なんと、炎を放ちます。
この炎で、会社員男性は下腹部や手にやけどを負いましたが、軽いけがで済みました。
もちろん、経営者の男性は傷害の疑いで逮捕。
「寝ていた客を起こして帰らせるためにやった」などと供述し、容疑を認めているそうです。
店には当時、4人のグループ客がいたそうですが、経営者の男はそのうちの1人に対し炎を当て、さらには、その様子を動画でも撮影していたとか……。

一歩間違えればお客様に大けがを負わせてしまうばかりか、ガスに火をつけたことで爆発や火事にも繋がってしまいかねないケースです。寝てしまったお客様を起こそうとてこずる飲食店の方は多いと思いますが、このような起こし方は決して許されるものではありません。

つづきをよむ→

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ