投稿日:更新日:

タピオカ店舗跡地に○○専門店が続々開業!急増の理由と開業への注意点とは?

ブームになったタピオカ店舗跡地に○○専門店が続々開業!急増の理由と開業への注意点とは?

若者を中心に行列をなし、社会現象にもなったタピオカミルクティーの店。そういえば、最近、見かけることが少なくなったなあ…と感じることはありませんか?その跡地を利用して増えているのが唐揚げ専門店です。一時のタピオカ同様、出店に勢いを感じさせる唐揚げ専門店が急増している秘密を紐解いてみましょう。

タピオカブームが過ぎ去った今

幾度となく繰り返される日本におけるタピオカの歴史。「第1次タピオカブーム」は90年代初頭、ココナッツミルクと共に食べるデザートとしてのタピオカに注目が集まりました。

そして台湾のタピオカミルクティーの専門店が上陸した2000年代初頭の「第2次タピオカブーム」(諸説あり)、そして「タピ活」「タピる」などSNS発の流行語も生まれ、2019年をピークとするのが「第3次タピオカブーム」です。

3度目のブームの背景にはLCC(格安航空券)の拡大で台湾旅行が身近になったことがあるといわれています。現地のグルメに注目が集まり、多くの台湾フードと共に現地のタピオカ専門店が日本に上陸。美味しさはもちろん、バラエティ豊かな茶葉やメニュー、盛り付けのかわいらしさ、台湾発の専門店といった希少性などが受け、行列が行列を呼ぶように。

ピーク時にはタピオカ店の数軒先にタピオカ店が出店するような事態も少なくありませんでした。しかしタピオカブームが熾烈を極める一方で、希少性や目新しさが消滅。ブームの中心にいた若者も飽和したタピオカブームから離れていきました。

原価率は低く利益率が高いことが特徴のタピオカ店ですが、同時に客単価が低いため回転率を高めることが肝となる業態。コロナ禍による緊急事態宣言や自粛といった影響も重なり、閉店や業態転換を図る店が増えるようになったのです。

タピオカ店舗跡地に唐揚げ店舗が急増!

タピオカ店と入れ替わるように、その跡地で目立つようになってきた唐揚げ専門店。そもそもタピオカ店が増えた要因のひとつに初期投資が安く利益率が高いといった側面があるのですが、実は同じことが唐揚げ専門店にも言えることなのです。

フライヤーと冷蔵庫を設置するスペースさえあれば出店可能な唐揚げ店は、広さもタピオカ店程度(10坪程度)があれば十分。こうした事情もあり、タピオカ店の跡地に唐揚げ店が出店するというケースが多くなりました。

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

個人情報の取り扱いについて

メールアドレスを入力してください

会員登録すると、
開業に役立つコンテンツが
“ずっと無料”で利用可能です!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!1000件を超える物件情報を掲載!
・物件選定のコツをまとめた資料や創業計画書のフォーマットがダウンロード可能

PAGETOPへ