• 2021/06/03
  • 00:03:53

【Sec.1-1】プロローグ~どんな費用がかかるか?

セミナー内容の紹介

みなさん、こんにちは!canaeru開業サポートの加納です。canaeruでは金融機関出身者、不動産業界出身者、元店舗オーナーがみなさまの開業を無料でお手伝いしています。また、資金調達や物件探しのコツを紹介したセミナーを開催しています。時間や地理的な制限でセミナーに参加できないみなさまもこのウェブ版セミナーを活用していただき、ぜひ、あなたの夢を叶えてください!!

このセクションでは店舗開業と資金というテーマで、店舗開業時にはどんな費用がどれくらいかかるのか、また、さまざまな資金の調達方法の中から私たちがおすすめする創業融資の紹介、そして開業を決意したとき、まず始めなければならないこと。最後に、創業融資ではどんなところをチェックされるのか、融資審査とはどんなものかをお話ししていきたいと思います。

さて、この動画を見ていらっしゃる多くの方は自分のお店を持ちたい、店舗経営に興味があるという方かと思います。そのようなみなさんから私たちによく寄せられる質問として「お店を始めるにはお金をいくら用意したらいいですか?」という質問があります。これは非常に難しい質問です。この質問だけでは、ケースバイケースとしかお答えできません。それらを明らかにしていくために、お店を開業するにはどんな費用がかかるのか考えていきましょう。

不動産取得費用
まず、はじめに不動産取得費用。
所有する不動産をお店とする場合を除き、多くの場合お店を借りる必要があり、その際に物件取得費用がかかります。

内外装費用
続いて、内外装費用。
スケルトンの場合はもちろん、居抜き物件の場合も、店舗の内装や造作を変更するケースも多く、内外装費用も発生します。

備品類その他の費用
続いて、備品類その他の費用
お客様はもちろん、働く方にとっても居心地の良い空間づくりのためには、店内の備品や装飾品が必要です。飲食店であれば食器や調理器具なども必要となります。

運転資金
続いて、運転資金です。
意外に見落とされがちなのが運転資金。1ヵ月の間にどれくらいの経費がかかるのかしっかりと把握し、経営が安定するまでの間、お店を維持できるくらいの資金の余裕は必要です。

そのほかにも法人としてお店を始めるのであれば登記費用や各種申請にかかる費用など開業時は何かと出費がかさみます。

さて、次回は、ここで紹介した費用がいったいいくらになるのか具体的なモデルケースを紹介したいと思います。
みなさんの開業プラント比べてみてください。

まだcanaeruの会員登録がお済みでない方はぜひ会員登録をお願いいたします。
canaeruの会員になると開業に必要な物件情報や商圏情報などすべてのコンテンツを無料でご利用いただけます。
また、開業に関するお悩み疑問点などはお気軽にこちらまでご相談ください。
以上、canaeru開業サポートの加納がお送りしました。

講師
canaeru開業サポート 加納健雄
元金融機関の融資担当者。今はcanaeru開業サポートのメンバーとして、店舗開業者のサポートを行っている。

関連動画

動画一覧はこちら

PAGETOPへ