お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/08/24

ブリュレフレンチトースト、ドラフトコーヒー・・・食を通じてライフスタイルを彩る

常にアンテナを張って鮮度の高い情報を手に入れ、自分たちの生活の中に「あったらいいな」を考える。つねに、型にはまらず斬新なものを。

  • 平井幸奈(ひらいゆきな)/Foru Cafe フォルカフェ

自分の“好き”にまっすぐに行動し、突き詰めた先に見つけた「日本初のブリュレフレンチトースト専門店ForuCafeを開く」という夢を大学在学中に実現した平井幸奈さん。そのあとも夢はどんどん広がり、ドラフトコーヒーFORU COFFEEを広め、自家製グラノーラFORU GRANOLAの販売でも話題を集めている。若干25歳にして革新的な女性経営者の道を歩む平井さんは、若さや性別といったともすればハンディになりがちな部分を強みに変えて、いかにして成功を手に入れたのだろうか?

学生時代の飲食店でのアルバイトをきっかけに、その世界の虜になったそうですね。

もともと食べることや、自分が作ったものを食べてもらうことが好きでした。大学生になって自由な時間ができたのでバイトに熱中して飲食店を転々としていたんです。それまで勉強はたくさんしてきたのにバイト先ではまったく仕事ができなくて、はじめは怒られてばかりだったのですがドMな私はすごく面白い世界だなって(笑)。いかに効率よく洗練された料理を作り、お客さんに「美味しい」を届けるか、その一連の仕事は“考えるスポーツ”みたいで面白くて。この世界にのめり込んでいきました。

平井幸奈(ひらいゆきな)

1992年生まれ、広島県出身。株式会社フォルスタイル代表取締役。アルバイトをきっかけに料理の世界に魅了され、その熱意で大学在学中にワーホリで訪れたシドニーの「bills」本店でスタッフとして働いた経験を持つ。帰国後は料理教室やケータリング、カフェプロデュースなどを手がけ、2013年の大学3年時にブリュレフレンチトースト専門店『Foru Cafe』を開く。

Foru Cafe フォルカフェhttp://forucafe.com/
東京都新宿区西早稲田2丁目4-26 1F

「五感を刺激するフレンチトーストを作りたい!」という熱い想いを胸に、オーナー平井さんが生み出した“とぅるん、パリッ”の新食感のブリュレフレンチトースト専門店。素材選びからとことんこだわり抜いて作られた料理の美味しさはもとより、フォトジェニックな見た目に惹かれた女子を中心に人気に火がつき、SNSやメディアなどでも紹介される人気店に。

つづきをよむ→

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ