お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/03/30

セレクトショップをやっていくなら、自分の「好き」にまっすぐいること

強い気持ちで仕入れたものほど売れるもの・・・

  • 秋山 香奈子/SUNNY CLOUDY RAINY

ファッション通販サイトの仕事から、自分の好きなモノだけを集めた店を持ちたいという夢に背中を押され、2015年に開業した秋山さん。「好きなモノを売って、事業として成り立たす」という究極を追求する仕事はどのような考え方が必要なのでしょうか?

「SUNNY CLOUDY RAINY」はどのようなコンセプトでスタートしたショップなのでしょうか?

お店の名前になぞらえて、「天気のように毎日変化のあるお店」を目指して始めたセレクトショップです。私自身が欲張りなので、お店では洋服も雑貨も食べ物も取り扱っているのですが、その日の気分でアイテムを選んでもらって、来る度に変化があって新鮮な驚きを感じてもらえるような店づくりを心がけています。

店を始める前はファッション通販サイトで9年ほど働いていました。そのサイトでは5つのセレクトショップを担当していたのですが、限られた予算の中で売り上げを達成させないといけなかったし、思い入れのある洋服ばかりを扱えるわけではなく、次第にズレを感じ始めていたんです。長年温めてきた自分の好きなモノだけを集めた店を持ちたいという夢にも背中を押され、2015年の開業に至りました。

秋山 香奈子

1982年、秋田県生まれ。印刷広告会社を経て、ファッション通販サイトでバイヤーとしてセレクトショップの運営に携わる。9年間在籍した後、2015年3月に「SUNNY CLOUDY RAINY」をオープン。

SUNNY CLOUDY RAINYhttp://sunnycloudyrainy.com/
東京都台東区蔵前4-20-8 東京貴金属会館2階

オーナーの秋山さんが惚れ込んだ洋服、日用雑貨、食品など常時20ほどのブランドを取り扱うセレクトショップ。毎月、展示内容が変わるイベントなども開催。

つづきをよむ→

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ