お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/03/07

男の隠れ家を目指した店づくりで、月に2000人が訪れるバーバーに

ブームはいつか去る。その後に残るのは自分のスタイルがある店だけ。

  • 渡部 智寛/THE BARBA TOKYO(ザ・バルバ・トウキョウ)

東京・JR神田駅から2分という好立地な場所にお店を構える、アメリカンなバーバー、THE BARBA TOKYO。このお店のオーナー・渡部智寛さんへインタビュー。理髪店の平均来客数は月に100人ちょっとと言われるなか、THE BARBA TOKYOは2店舗合わせて2000人が訪れると言います。その集客の秘密に迫りました。

いつ頃から独立を考えていましたか?

理容師を志した時です。学生の頃から自分の考えを持って貫くタイプだったので、自分のスタイルに合った店をつくりたいと思っていました。なので、開業するまでは国内外に約20店舗を展開する「ヘアーサロン銀座マツナガ」に勤めていましたが、借金せずに済むよう計画的に貯蓄していたんです。ただ、お世話になった会社の恩義に報いるため、店長を務めた店の売り上げを全店トップにし、後進をしっかり育ててから独立しました。それが2013年です。

渡部 智寛

1982年北海道生まれ。通称TOMさん。幼い頃からアメリカンカルチャーの影響を受けて育つ。専門学校卒業後、「ヘアーサロン銀座マツナガ」に就職。約10年勤務し、店長を務めた東京駅店では個人・店舗とも社内トップの売り上げを達成した。2013年に独立して「THE BARBA TOKYO」をオープンするとたちまち評判になり、15年には2号店を出店。17年春には飲食店とコラボレーションした3号店を開く予定。

THE BARBA TOKYO(ザ・バルバ・トウキョウ)http://thebarbatokyo.com
東京都千代田区内神田3-4-12 トーハン第7ビル1F

JR神田駅から徒歩2分の理髪店。「男の隠れ家」をコンセプトに50年代のアメリカを彷彿とさせる空間が広がる。カットやパーマ、シェービングはもちろん、フェイシャルマッサージやネイルポリッシュなど豊富なメニューを用意。20代~70代まで、2店舗合わせて月に2000人が訪れる人気店となっている。

つづきをよむ→

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ