お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/01/12

わずか9年で7院を展開する歯科医療法人の経営戦略と展望

歯に関して、一般の方との認識の違いを理解すること、歯科医師と同じ価値観では考えない

  • 宮坂 厚弘/医療法人社団 清慈会

2007年に「小石川歯科クリニック」を開業して以来、わずか9年で7院を経営するまで規模を拡大してきた「医療法人社団 清慈会」。毎月数十kgは食べるという牛ステーキが「バイタリティの源」と語る宮坂理事長に、これまでの医療法人の歩みと経営戦略、今後の展望についてお話を伺いました。

清慈会の最初の医院「小石川歯科クリニック」のコンセプトは?

――最初に開業した「小石川歯科クリニック」は、開業当日まで歯科医院であることを隠していたそうですね。
オシャレな内装で何か作っているけれど、それが何かは分からない……という状態にしたら、周辺地域の方々が話題にしてくれるんじゃないかと考えたんです。実際に開業したら、「あそこ、歯医者さんだったよ」となって、また話題に上がるかもしれませんし。「きれいな内装だし、一度行ってみようか」となったらいいなと(笑)。
また、「医院自体を看板にできないか」というアイデアも浮かんできました。

宮坂 厚弘

日本歯科大学卒業後、東京慈恵会医科大学での研修を経て、勤務医として訪問歯科診療に従事。その経験を活かして、2007年に東京都文京区に「小石川歯科クリニック」を開業。さらに2009年には「医療法人社団 清慈会」を設立する。現在は経営者として都内で7院を経営する傍ら、歯科医師として訪問診療の現場にも立ち続けている。

医療法人社団 清慈会http://www.koishikawadental.com/
東京都文京区小石川3-1-6(小石川歯科クリニック)

都内で7院を展開する「医療法人社団 清慈会」。理事長が訪問診療で培った柔軟な対応力をベースに、「断らない診療」をモットーとする。患者様の痛みや苦しみに共感し、技術・知識で救うことを実践し、幅広い層から支持を得ている。

つづきをよむ→

会員登録をすると
続きをご覧いただけます。

会員登録していただくと、
その他のコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!約1000件の物件情報を掲載!
・【会員限定】お役立ちコンテンツがダウンロードし放題!

PAGETOPへ