お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2016/12/15

女性に人気の”先生業”。その先輩が考える「シゴトに必要なモノ」。

持っている知識を唱えるだけでは、習いにくる生徒さんには伝わらない

  • 平井 一代/スマイルキッチン

栄養士を始め、野菜ソムリエ、雑穀エキスパート、そして、料理家としても活動中の平井一代さん。女性に人気の職業「料理教室の先生」として10年キャリアを積まれ、企業のフードコンサルティング、経営者としても活躍されるに至ったその礎とは?

お持ちのキャリアでは、いろいろな独立方法があったと思うのですが、「教えること」を生業にされたのはなぜですか?

新卒で食品メーカーの研究職に就きましたが、学生時代からお料理を作ること自体が好きだったので、いずれフードコーディネーターか、お料理の先生になろうと考えていたんです。プライベートな時間を使って、講座や料理教室などで勉強をしていましたが、通っていた料理教室の先生に感化され、自然とお料理の先生を目指すようになりました。具体的ではないですが、自分の勘で、「私はお料理の先生になるのがいい。絶対うまくいく」というのを感じたんでしょうね(笑)。自分の教室を開くまでに、料理教室、不動産、広告代理店などいくつか転職して経験と資金を貯め、開業してちょうど10年になりました。おかげさまで生徒さまに恵まれ、講座の規模が大きくなってきましたが、実は、ちょうど、今の教室を違うカタチにしようと思っているところなんです…

平井 一代

料理家、フードコンサルタント、料理教室など、お料理に関する仕事にマルチな活動を展開する。短期大学卒業と同時に栄養士の資格を取得、大手食品メーカーの研究職に就くも、「得意な料理を仕事にしたい」と、料理教室を開業することを決意。先生になるための勉強と開業資金を働きながら貯め、2008年にクッキングスクール「スマイルキッチン料理教室」を開講。

スマイルキッチンhttp://smilekitchen.jp/
千葉県佐倉市王子台1-15-20

料理家・平井一代さん主宰の料理教室。「家でも同じように作れる」を大切にしたレッスンでは、身近に手に入る食材をメインに使用し、少し珍しい食材を使う場合はその食材が買えるお店などを紹介、また、どこの家庭にもある調理器具で出来るようなメニュー構成で、復習のフォローなどもきっちり行っている。平井先生の人柄もあり、生徒さんが絶えない人気の料理教室。

つづきをよむ→

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ