お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2016/12/12

パンづくりの奥深さに魅了され、理想とする“ベーカリー”を追い求めて

パン、接客、ローケション。トータルで美味しいと言ってもらいたい

  • 北村 千里/CICOUTE BAKERY(チクテベーカリー)

長く続けられる仕事をしたいと考え、パン工房・チクテベーカリーを開業した北村千里さん。しかし、売上げが思うように伸びず、悩んだこともあったと言います。さまざまな壁をどのように乗り越えてきたのでしょうか。お店を続ける原動力についてもお話ししていただきました。

元々は、大学時代に専攻していた映像のお仕事をやっていた北村さんが、パンの製造・販売という業種を選択した理由を聞かせていただけますか?

長く続けられる仕事をしたい、という思いがずっとありました。当時は、映像のお仕事だけで食べていくのがなかなか厳しくて。そんなことを考えていた時に、ふとパン屋を思いつき、アルバイトで始めたのがパンとの出会いでした。実は始まりは何となくだったんです(笑)。でも、実際にやってみたら発酵の仕組みや香り以外にもパンづくりの奥深さにどんどんのめり込んでいったのがきっかけです。

北村 千里

美術大学卒業後に、パン酵母(イースト)と自家製酵母でのパン作りを修行する。2000年11月に自宅1階で卸と個人配送のパン工房を開業、2002年2坪の店舗を併設する。2013年より東京・八王子へ移転し現在の店舗をスタート。

CICOUTE BAKERY(チクテベーカリー)http://cicoute-bakery.com/
東京都八王子市南大沢3-9-5 101

2000年11月開業。自家製酵母を使用し、粉と塩と水でゆっくりと発酵させたパンが基本。季節や温度で少しずつ変化する酵母菌と上手く付き合いながら、ひとつひとつ丁寧に焼き上げていく。また温かみのある接客も人気の理由。

つづきをよむ→

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ