念願だった開業に向けて一歩踏み出すも2000万円の損害!トラブルにもコロナ禍にも動じず開業の夢を叶えた女性開業者の話

SHOP DATA

サポート
  • 資金
  • 物件
  • 内覧
  • 手続き
AMAZING SPACE.
谷中信恵

東京都港区西新橋1-13-4 T・SビルB1

エリア
東京西新橋
業種
カフェ・喫茶店
ロケーション
ビジネス街
ターゲット
大人向け
業界経験
未経験
開業時の年齢
40代
目標月商
200万~300万
開業資金
2,000万以上
坪数
20~30坪
家賃
30~40万以下

開業を目指すきっかけ

なぜライブカフェという特殊な業態での開業を考えられたのですか?
音楽鑑賞が趣味で15、6年くらい前からライブハウスを巡っています。ライブハウスではいろいろな出会いや感動があるので、私もいつかこんなお店を持ちたいとずっと思っていたんです。
漠然としていたビジョンが鮮明になったのは2、3年前。50歳になるまでにお店を開きたいなと考えていたときに、ちょうど同じようなことを考えていた知人がいて、意見も考え方も合っていたので一緒にお店を出すことに決めました。そのときに会社も辞めたんです。
そうなんですね。前職ではどういったことをされていましたか?
保険会社で営業をしていました。契約自体は周りの人と比べるとあまり取れない方だったんですけど、契約が取れなくてもお会いした人とのつながりは今でも続いています。今回の開業でもその人たちに多くのことを助けてもらいました。

開業準備での課題と解決方法
(物件探し・資金集め, etc.)

そうだったんですね。最初にどんな準備から始めましたか?
canaeruの開業サポートへ相談するところから始めました。
開業しようと決めたのは良かったものの、何から始めたらいいのか分からなかったんです。そんなとき、一緒に開業する知人がcanaeruの広告を見つけてくれました。開業に関する相談を無料で実施しているとのことでしたので早速連絡をしてみました。

相談してみて、開業サポートの担当者が親身になって話を聞いてくださったことやセミナーにも無料で参加できるというところがとても良かったです。多数のセミナーに何回か通った後に物件探しを始めました。
ご利用いただきありがとうございます。物件探しではかなり苦労されたと伺いました。
はい。物件探しを始めたころにコロナ禍に直面。想定外なことが起こったなと思いましたが、あまり気にしない性格なので、そのまま物件探しを続けました。

最初はcanaeruに掲載している物件情報や開業サポートの担当者からご紹介いただいた情報をもとに探していました。もともと港区で探していたのですが、希望条件とマッチした物件が三軒茶屋でいち早く見つかったんです。この物件は飲食店の居抜きで、しかもグランドピアノが置いてありました。家賃も想定よりとても安かったし、以前客として訪れたことがあったので親しみある場所ということもあり、この物件に決めようとしていました。しかし契約当日になって、以前この場所で経営していた人たちがもう少しこの物件でお店を続けたいと申し入れがあったので仕方なく断念。また一から探すことになってしまいました。

振り出しに戻ってからそんなに時間がかからないうちに、また三軒茶屋で物件が見つかったんです。しかし、この場所で関わった方との間にトラブルが起きてしまって…。
お店をプロデュースしてくださるということでしたので、この方に対して日本政策金融公庫から借りていた2千万円を振り込みました。最初は500万円ほどを前金としてお支払いしたのですが、全部支払って貰わないと進められないと言われたので、残りをお支払いしたんです。ですがそれ以降まったく動いてくれず…。それに家賃も72万円と高額でしたので、とてもじゃないですがこの物件にしようという気にはなりませんでしたね。またもや断念せざるを得ませんでした。
夢を叶えるために借りたお金でしたので、本当にショックが大きかったですね。現在はお金を返していただくように話し合いをしている最中です。
そんなことがあったのですね!物件探しだけでこんなに大変な思いをされると開業をあきらめようとすら思ってしまうのではないですか?
その考えはなかったです。というより、会社も辞めていたしスタッフやミュージシャンにも声をかけていたので後戻りはできない状況で……。だからできる範囲でやろうと思っていました。私一人での開業ではなく、知人と共同というのは心強かったですし、追加融資を受けることで何とかなると思っていました。

三軒茶屋の後は以前から希望していた港区だけに絞って改めて物件探しを始めました。そこで見つけた物件が今いる新橋です。六本木でも良い物件があったのですが、より安かったので決めることにしました。


canaeruのセミナーを受講した際に、講師からは「物件探しで大体半年はかかります」とお話があったのですが、実際は半年以上かかってしまいましたね…物件探しはそんなに甘くはないなと痛感しました。

そんなことがあったのですね!物件探しだけでこんなに大変な思いをされると開業をあきらめようとすら思ってしまうのではないですか?

なるほど。追加融資を受けるのも大変だったかと思いますが、そのあたりはどのように対応されましたか?
canaeruの開業サポートの担当者に事業計画書のフォーマットをいただきましたが、自分たちで書く時間がなかったので、専門の企業に有料でお願いしたんです。ただ、事業計画書を作成してもらうにしてもこちらで必要な数字を把握していないと十分なものを作ることができないと思ったので、協同で開業する知人にお金周りのことは任せることにしました。知人はもともと税理士をやっていたので私よりもお金周りのことは詳しいんです。作成いただいた事業計画書を日本政策金融公庫に提出。知人の土地を担保にすることで何とか無事に追加融資を受けることができました。やっと前進できたことで少し安堵しましたね。
それは何よりです。開業を進めていく中で物件探し以外に大変だと感じたことはありますか?
内装は特に知識もなかったので大変でしたね。私が思い描いているものを形にすると言っても導線とかも加味しないといけないので理想と現実のバランスを取ることに難しさを感じました。
あとはコロナ対策にも気を遣いましたね。アルコール消毒や体温計の常備の他、オゾンの発生器を何台が置くようにしました。コロナ対策するだけでも結構な出費になりましたね。

開業後の気づき/今後の課題

12月下旬ごろにオープンされたと伺っていますが、準備段階に思い描いていたこととオープン後のギャップはありましたか?
オープン前に12月18日から3日間、レセプションパーティーを実施しました。お店に入りきらないくらいの人が来てくださいましたが、食器が足りなくなってしまったんです。すぐに補充できるだろうと思っていたのですが、どこを探しても食器が足りず…。結局、友人の家からお皿を借りたり、厨房機器や備品等が揃えられる開業専門のお店に行って購入したりしましたね。

本当のオープン日では、注文いただいてからお客様へ料理を持っていくまでのオペレーションに慣れることができなかったので苦労しました。家庭料理しか作ってこなかったので、一度に大人数の料理を作ることの大変さも学びましたね。
そうなんですね。オープンから少し日が経ちましたが、お客様の入りはいかがですか?
現在はコロナ禍ですので、そんなに大きくお知らせできません。夜は予約のみですね。なので昼の集客を狙っています。昼はオフィス勤めのお客さんがランチに来てくださったり、リモートワークで利用してくださったりしています。プロジェクターがあるので、リモートのイベントを開催したいと言って実際に使ってくれた友人もいました。こういったご時世だからこそ柔軟にお店を活用してくれているのだと思います。有難いですね。
素晴らしいですね。今後のビジョンはありますか?
ただ単に、料理や音楽を提供する場所ではなく、意味のある場所にしていきたいですね。私自身、ライブハウスでたくさんのことを考えさせてもらったので、この場所もそうなればいいなと思いながら運営しています。もっと人とのつながりを大切にできたり、役立つ情報を発信できたりする場所にしたいです。

素晴らしいですね。今後のビジョンはありますか?

AMAZING SPACE.
  • 東京都港区西新橋1-13-4 T・SビルB1

PAGETOPへ