お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/09/05

眼前に「海」「空」「崖」が広がるお茶とスイーツだけではないカフェ

その独特なロケーションで人気のカフェは、アイデア勝負で経営する

  • 瀬山周一/GAKE 海と空しか見えない崖の上の小さなカフェ

「海のそばで、カフェやレストランを開業したい!」という夢をお持ちの起業者は、いつの時代も多いものです。最大の課題は、平日などのなかなか売上の見込めないタームが多いこと。
SNSなどで口コミが広がり人気のカフェ、千葉県いすみ市、太平洋に向かって絶壁が続くエリアに立地する「GAKE」さんは、どのように経営をされているのでしょうか?
オーナーの瀬山さんに、そのアイデアをうかがいました。

お店の目の前は大海原が広がり、“インスタ映え”という言葉がしっくりくる絶景ロケーションですね。こちらは複合形態のカフェということですが、どのような内容で展開されているのでしょうか。

たしかに店をインスタにアップしてくださる方も多いです(笑)。カフェ以外には店内で古本・古道具を販売するほか、撮影用にロケーションを貸し出しています。それと現在はお休みしていますが、1日1組限定の貸別荘もやっています。

瀬山周一

山口県出身。東京・神田の古本街に足しげく通うようになったことで古い本や骨董品の面白さに開眼。会社員を経て、2012年4月に複合形態カフェ「GAKE」をオープン。

GAKE 海と空しか見えない崖の上の小さなカフェhttp://ameblo.jp/selecthousegake/
千葉県いすみ市岬町和泉2404-21

海と空を望める崖の上に立つ複合形態カフェ。古本・古道具販売/買取・絶景ロケーションを活かした宿泊、各種ロケーションレンタルを展開中。店内に展示されている古本やアンティークは国内外から集められたもので、その場で購入可能。

つづきをよむ→

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ