お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/03/24

男性ネイリストが目指す、全国47都道府県への出店

低価格路線で間口を広げる。ネイル人口の底上げは地方がキーとなる

  • 田中 和彦/NAILSALON MARCH(ネイルサロンマーチ)

全国7都道府県に13店舗を出店する人気のネイルサロン・マーチ。そのマーチの社長代行を務め、ネイリストとしても活躍する田中和彦さんにインタビュー。多店舗展開をする理由やそのきっかけなどをお聞きしました。

田中さんは経営者としてだけでなく、現場ネイリストとしても活躍していますが、そもそも男性ネイリストって珍しいですよね。

そうですね。男性はネイリスト人口の約1割にも満たないようです。私がネイリストになったのは、細かい作業が好きだったのがまずひとつ。そしてスカルプという長いネイルを初めて見た時に、それがどうやって作られているのかに興味を持ったからです。そんな訳でネイルの学校に通って仕事にしようと決めました。今から12年くらい前ですが、今よりももっと男性は少なかったので、それが逆に起業のチャンスだと思いました。

田中 和彦

1986年生まれ。滋賀県県出身。専門学校を卒業後2008年、ネイルサロンMARCHの経営に加わる。現在は社長代行として新規出店を担当し、東京と大阪を拠点にネイリストとしても活躍している。

NAILSALON MARCH(ネイルサロンマーチ)http://www.nailsalon-march.com/

2980円からという破格の値段設定(紹介の場合、980円)でネイル人口を開拓。2007年、1号店となる大阪心斎橋店を皮切りに2010年に東京へ進出し、現在までに全国7都道府県に13店舗を出店。目指すは47都道府県を制覇すること。

つづきをよむ→

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ