お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/02/27

靴のオーダーだけでなく、修理も受ける。アナログな世界で変革を挑む靴職人

待っているだけでは顧客は増えない。変化を続けてこそ、新しい需要を開拓できる

  • 東 雅樹/apego(アペーゴ)

靴職人は、靴についての技術や知識が高まれば高まるほど、その腕前を発揮したくなるものですが、それは自分の目線であって、お客様が求めているものとは違ったりします。あくまで接客業であることを忘れずに、バランスを取っています。と仰る、靴職人の東さん。なぜ「靴」を取扱い、開業したのか、そのヒストリーをお聞きました。

東 雅樹

1979生まれ。香川県出身。24歳で地元の香川県で古着屋を起業した後、神戸の靴学校を経て婦人靴メーカーに就職。上京後、日本を代表する靴職人・柳町弘之氏に師事。同時に、靴修理店などで経験を積み、2016年2月に「apego」を開業。

apego(アペーゴ)http://apego2015.com/
東京都品川区東五反田5-24-8 YMビル1F

靴のオーダーをはじめ、修理やクリーニングを行う「apego(アペーゴ)」。店名はスペイン語で「愛着」という意味。お客様が大事にしている靴を修理・ケアすることで、長く「愛着」をもって履いていただくお手伝いをしたい、お客様の足に合ったオーダー靴を作ることで、これから共に生活していく靴に「愛着」をもっていただきたいという想いが込められている。

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

個人情報の取り扱いについて

会員登録すると、
開業に役立つコンテンツが
“ずっと無料”で利用可能です!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!1000件を超える物件情報を掲載!
・物件選定のコツをまとめた資料や創業計画書のフォーマットがダウンロード可能

PAGETOPへ