お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/01/13

歯科医院らしからぬ顔入り看板に、オリジナルマニュアル作成…。その効果とは?

「スタッフ教育」と「医院の拡大」が経営のターニングポイントに

  • 清水 龍(シミズ リュウ)/くにたち旭通り歯科

「親身なお付き合いができて人情を感じられる土地がいい」と、閑静な住宅街である国立(くにたち)を開業場所に選んだ清水理事長。今や法人化して3院を展開する理事長の、開業当時の苦悩と医院経営の転機についてお話を伺いました。

唐突ではありますが、医院の入り口にある顔のイラストが入った看板に驚きました。

私の顔の看板ですね(笑)。以前、スタッフから誕生日プレゼントに自分のフィギュアをもらったのですが、その画像を看板のデザインに使いました。それまでは、文字で医院名を書いただけのシンプルな看板でしたが、デザインを変えた効果は抜群!それまでほとんどいなかった「看板を見て来た」という患者様が、毎月10人以上も来てくださるようになったんですよ。地域のみなさんや通りがかりのみなさんに、歯科医院の存在を知ってもらうことがいかに大切かを改めて認識しましたね。

清水 龍(シミズ リュウ)

1997年、日本大学松戸歯学部を卒業後、同大学補綴学第三講座に入局。以降、勤務医を経て、2005年に「くにたち旭通り歯科」を開業。2007年に「医療法人社団オーラルコミュニケーション」を設立し、2016年1月に八王子市の「ぐりーんうぉーく歯科」を新たに開業した。

くにたち旭通り歯科http://kadc.jp/
東京都国立市東1-7-5 弥生ビル1階

つづきをよむ→

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ