お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/01/06

患者の安心と信頼を高める、「専門医」の力

患者様はもちろん、他院の先生に医院を知ってもらうことも経営には大切。

  • 箕浦 雄介/王子みのうら矯正歯科

祖父も父も兄も妻も歯科医師という、歯科家系の箕浦院長。その開業・経営プロセスは、大胆なようで、実は堅実……? 現在までの道のりを振り返りながら、院長の経営思想に迫ります。

地下鉄出口の目の前という立地で、アクセスが抜群ですね。立地にはこだわったのでしょうか?

駅から近いか遠いかで変わる賃料は5~10万円程度です。最初は「経費を増やしたくないから」と弱気になり、「少しくらい遠くても大丈夫」などと思いがちですが、駅からの距離は、患者様にとって医院選びの決め手のひとつです。今の立地だったら増えた賃料分は集患の数でペイできると考え、ここに決めました。本当は1階が希望でしたが、空きがなく3階で開業することになりました。

箕浦 雄介

1964年、東京都北区生まれ。祖父、父、兄が歯科医師という、根っからの“歯科家系”に育つ。日本歯科大学卒業後は、大学附属病院の矯正科で経験を積み、1995年、「王子みのうら矯正歯科」を開業。1996年に日本矯正歯科学会「認定医」を取得し、2008年には同「専門医」を取得。

王子みのうら矯正歯科http://www.minoura-smile.com/
東京都北区王子1-16-7 石井ビル3F

王子みのうら矯正歯科
東京メトロ南北線「王子」駅から徒歩0分、JR「王子」駅から徒歩2分という通いやすい立地にある、矯正歯科専門の歯科医院。箕浦院長は日本に300人余りしかいない、日本矯正歯科学会専門医のひとりで、メディア掲載実績も多数。「患者様の声によく耳を傾けること」を信条に、ひとりひとりと真摯に向き合う治療を実践する。

つづきをよむ→

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ